2013年03月21日

豚とあさりのアレンテージョ風



先日の料理教室のメニューで、とても好評だったひと品。
豚とあさりのオリーブオイル煮。

_MG_0552.JPG


豚肉と魚介の合わせる料理は、イベリア半島独自のものだそうで
このふたつを炒め煮にしたものは、ポルトガル・アレンテージョ地方の名物だそうです。

ということもロクに知らずに、なんとなくどこかで食べたか見たかしたものを
なんとなくうちで作っていた料理でした。
強めに塩をしておいた豚肉とあさり、ジャガイモ、エリンギを
オリーブオイル、にんにく、ハーブと一緒に蒸し煮にします。


豚肉のアレンテージョ風煮込み


 豚ロース塊肉 400g
 あさり 300g
 じゃがいも 中3個
 エリンギ 大2本
 白ワイン 50cc
 オリーブオイル 大さじ2
 にんにく 1かけ
 塩 小さじ1/2
 こしょう 適量
 オレガノ または タイム 2枝
 

1. 豚肉は一口大に切り、塩こしょうする。あさりは砂出しをしておく。
2. 厚手の鍋にオリーブオイル少々(分量外)とつぶしたにんにくを入れて熱し、豚肉の表面を焼き、白ワインを加える。
3. 一口大に切ったじゃがいもとエリンギを加える。表面にオリーブオイルを回しかけ、ハーブをのせて15分ほど煮る。
4. あさりを加え、あさりの口が開くまで10分ほど煮てできあがり。



image-20130320153349.png

先日、友人たちが来たときにも作り、
翌日はもちろん、パスタに。
あさりから出た煮汁がとても美味しいのです。
ポルトガルではごはんにかけて食べたりもするようですよ。

image-20130320153357.png

シンプルに豚肉とあさりだけで煮たり、
唐辛子を加えたり、ハーブの種類を増やしたり、
いろいろにアレンジできる気軽な煮込み料理。
あさりの旬のいまの季節にぜひ。






posted by しょうこ at 10:00| Comment(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

新しい器にバルサミコ酢煮



昨日買った器、友人が夜やってきたのでさっそく登場。


image-20130220013336.png



 鶏とピーマンのバルサミコ煮
 レンズ豆ライス添え


手持ちの赤い器と合うだろうなーと思っていたので、嬉しい。ふふふ。
もう少し、うちとわたしの料理になじんでくるまで、
大事に使いたいと思います。

レンズ豆ライスは、炊き込みごはん好きのわが家のお気に入り。
入れて炊くだけ、ですが、
トマト煮やシチューなどの洋風煮込みとの相性が抜群なのです。



鶏とピーマンのバルサミコ煮

鶏モモ肉 2〜3枚
にんにく 1かけ
オリーブオイル 大さじ1
タマネギ 中1個
セロリ 小1本
ピーマン 6個
バルサミコ酢 大さじ1
トマト缶 1缶
塩、こしょう 適量


1. 鍋にオリーブオイルを温め、一口大に切って塩こしょうした鶏肉を皮目から入れて焼く。つぶしたにんにくも入れる。
2. 肉の表面が焼けたら、薄切りのタマネギ、セロリを加えて炒める。
3. 縦6つ割りにしたピーマン、バルサミコ酢、トマト缶を加え15〜20分煮る。



レンズ豆ライス

米 2合
レンズ豆 1/4カップ
オリーブオイル 小さじ1
塩、こしょう 少々

1. 米を研いで水加減し、レンズ豆、オリーブオイル、塩ひとつまみ、こしょう少々を加えて炊く。



posted by しょうこ at 09:00| Comment(2) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

バジルソース



バジル、無事にソースになりました。

本当に少量ゆえ(計ったら30gほど)
ジャムの小瓶1つぶん。

image-20120926153508.png


このバジル30gに、にんにく1かけ、塩小さじ1、オリーブオイル大さじ2〜3ほど。
適当にフードプロセッサで攪拌します。

この倍くらいあったほうが、混ぜるのもうまくいくのですが、
倍くらいないと、とついつい作業を後回しにしてしまうので、
これっぽっちでも、きちんと作れたことに大満足!

今晩はこれを使った料理にしようと思っていたのに、
うっかりサバなど買ってしまいました。
どうしようかなあ。


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

とうもろこしのかき揚げ



夏のわが家の定番、
とうもろこしのかき揚げ。
今日は、しそ入りです。

image-20120720225913.png


とうもろこしのかき揚げ

とうもろこし 1本
しそ 3枚
薄力粉 1/3〜1/2カップ
ビール 1/3カップくらい

1.とうもろこしは包丁で身をこそげる。
2,しそはタテ半分に切り、千切りにする。
3.とうもろこしとしそに薄力粉をまぶし、ビールを注いで全体をよく混ぜる。
4.フライパンに熱した揚げ油(深さ1〜2センチでOK)の中で揚げる。


卵を使わないので、あっさり味。
生地のさっくり感を出すためビールを使っていますが、
なければ、ベーキングパウダー小さじ1/4くらいを加えて水で作ります。
もちろん粉と水だけでも美味しく作れます。
しその代わりに、枝豆を入れてもきれいで美味しい!

とうもろこし、大地の野菜セットに1本だけ入ってくることが多く、
蒸して食べるにはちょっと淋しい、となると
炊き込みごはんか、このかき揚げ。
とうもろこしを食べると、夏だなあと実感します。

posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

残りもの唐揚げでマリネ。



神宮球場への道、おつまみに唐揚げを買いました。
それも、お腹が空いていたから大量に。

同じくお腹が空いていた人がいろんなものを買ってきたので、
結局、唐揚げは残ってしまい、お持ち帰り。
もったいないもん。
真夏だけど、揚げ物だし、ま、いっかなーと思って。

で、帰宅してマリネにしました。
すごい満足感!
こういうリサイクル料理に、普段の料理の何倍も充実感を覚えるところに
我ながら貧乏性だなあ、と思いますが・・・・・・。
美味しく、今日のランチにしております。
おうちで唐揚げを作るときにも、多めに揚げてぜひ。


image-20120727121128.png


鶏唐揚げのさっぱりマリネ

鶏唐揚げ 大7個
タマネギ 大1/2個
ピーマン 大1個
完熟トマト 大1個
醤油 大さじ1と1/2
レモン汁または酢 大さじ1と1/2
好みで 粒マスタード 小さじ1

1.唐揚げは適当な大きさに切る。
2.タマネギは薄切りに、ピーマンとトマトは乱切りにする。
3.調味料でマリネにする。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

家族イベント



週末、妹家族の送別会でした。
しばらく海外に住むことになったのです。

image-20120724005053.png

母宅で、ちゃぶ台にみんなで寄り集まり、
和洋折衷な料理と器とで、賑やかなごはんになりました。

メニューは
 炒り鶏、タケノコ煮
 自家製ザワークラウト+ソーセージ
 和風ローストビーフ
 イカとタマネギのマリネ+トマトサラダ  
 うにごはん
 桃のショートケーキ    などなど。



この日、大人気だった和風ローストビーフ。

image-20120724005046.png

簡単にレシピをば。
伝言レシピ状態の、簡単レシピですが、
こんな簡単レシピで、本当に美味しく作れます。


和風ローストビーフ

軽く塩こしょうした牛モモブロック肉をフライパンで表面に焼き色をつけ、

醤油2:みりん1:水1〜2

を合わせたタレに、おろしにんにくを少々入れます。
(ちなみにこの日は牛肉800gに対して、醤油50ccほど)

焼き上がったら温かいうちに漬け込み、ジップロックなどに入れて数時間マリネします。

野菜と一緒に盛り合わせ、
(この日の野菜は、カイワレ、赤ピーマン、白髪ネギ、水菜)

漬けダレ1:レモン汁1

を合わせたドレッシングを全体にまわしかけます。
仕上げに刻みあさつきを散らして、できあがり。



ところで。
先日、ついにコストコデビューしたのですが
そこで「送別会に使おうよ!」と母をそそのかして買わせた盛り皿。

image-20120724004840.png

狭いスペースで料理がいろいろ並び、便利で楽しい!
(しかも、さすがコストコ、びっくりするほど安い)

かまぼこ+トマト&きゅうり スティック
ハムムースのカナッペ
チーズとベーコンのハーブスコーン

を並べました。

この盛りつけも、娘がほとんど担当。
最近はこういう戦力としてカウントできるので、
手のかかるパーティ料理盛りも、少しずつできるようになり嬉しい限りです。
子どもが小さいうちは、手がかかる盛りつけは
よほどのことがないとできないですもんね・・・・・・。


image-20120724004848.png

 こちらは義弟(といっても、わたしより7歳くらい歳上)が持ってきてくれた、
 メガボトル入りドイツビール。
 大きさはタバスコ瓶から想像してみてください。
 とってもドイツっぽい、豊かな香りのビール。
 ヨーロッパ、行きたいなあ。うらやましいなあ。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

4月11日の晩ごはん



今日の晩ごはん

image-20120416134755.png

 シュウマイ
 野菜と卵のスープ
 わかめとキュウリの酢のもの


新タマネギのシーズンになったので、
角切りの新タマネギをごろごろ入れたシュウマイに。
ちょっとポロポロしますが、家で食べるには十分かなあ、と思いまして。

一見、面倒そうな料理ですが、
包んで蒸し器に入れてしまえば、
その間にスープやほかの野菜料理も作れます。

ほんとは挽肉+新タマネギでメンチカツにしようかなーとも思ったのですが
体重が気になるお年頃の娘のために蒸し物に。
(↑自分の体重は気になってないんですか、というツッコミはなしでよろしく!)
余分な脂も落ちて、ちょっとだけヘルシーな気分です。
ミニ蒸籠に一人分ずつ並べれば、シュウマイも立派なメイン料理になりました。


新タマネギのシュウマイ(皮30枚分)

豚ひき肉 220g
新タマネギ 中1個
グリーンピース 適量

<調味料>
 酒 大さじ2
 醤油 小さじ2
 砂糖 ひとつまみ
 塩、こしょう 少々
 ゴマ油 小さじ2
 片栗粉 大さじ2

1.新タマネギは8mm角に切る。

2.ボウルに豚ひき肉を入れ、よく練る。

3.調味料を加え、よく混ぜる。新タマネギも加えて混ぜる。

4.皮に包み、蒸気の上がった蒸し器に入れて12〜15分ほど蒸す。


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

2011 クリスマス



メリークリスマス!

でした。


クリスマスを終えるとすっかり年末気分ですね。
今年も11月23日にはツリーを出していたわが家も、昨夜25日の深夜に夫がかたづけ。
すっかり日常に戻りました。


今年のクリスマスごはんは、ベーシックにローストチキン。
チキンが苦手なひとと一緒に食べることになったので、
極力食べやすくなるよう、ハーブを使って仕上げています。



xmas2011.jpg


****** 2011 クリスマスメニュー ******

カプレーゼ+ルッコラと生ハムのサラダ

ヴィシソワーズ

ハーブチキン
グリーンライス
洋ナシのスパイス煮
スイートポテトグラタン
れんこんのソテー
ナッツのはちみつ漬け レシピは こちら



ハーブチキン

丸鶏 1羽
塩 大さじ1
こしょう 適量
オリーブオイル 大さじ2
白ワイン 大さじ3

バジル 2枝
タイム 5本
にんにく 1かけ
オリーブオイル 大さじ1


1.丸鶏全体に塩をもみこみ(お腹に内側も忘れず!)、オリーブオイル、白ワインをまわしかけて1晩マリネする。

2.バジルとタイムはみじん切りにし、すりおろしたにんにく、オリーブオイルを混ぜ合わせる。

3.マリネした丸鶏のムネ肉部分を中心に、皮と身の間に2のペーストの1/2量を塗っていく。残りは表面にもみ込むようにする。

4.丸鶏の足を縛って天板にのせ、足の関節部分にタイム(分量外)をはさんで200℃のオーブンで60〜80分焼く。



翌日は、残った骨とその回りの肉を一緒に煮だしてスープに。
タマネギ、セロリ、ニンジン、パセリの茎など
香味野菜のかけらを一緒に入れるとなおよいです。
じゃがいもを丸ごと入れて煮ると、しみじみ美味しいですよ。
おすすめ。

chickensoup.jpg

鶏の風味が強いな、と感じるときにはレモン汁や黒こしょうなどを加えます。

昼はこれをカレーに。
引きずった子どもたちは、夜はそれをのばしてカレーうどんに……。
クリスマスの翌日は、そんな粗食も楽しみのうち、ということで、まいっか。
今日の娘弁当は、残りのチキンでサンドイッチ。
今年のローストチキンも堪能いたしました。


チキンに添えたグリーンライスがこっそり自信作。
そのレシピはまた、別欄で紹介しますね。





posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

和風ミートローフ



『働くおうちの親子ごはん』の読者の方からお問い合わせをいただきました。

「P11のミートローフを入れている型はどこのものですか?」

写真(10).JPG


というお問い合わせだったのですが。
発行して4年近くも経つ本に、いまだにお問い合わせをいただくのは
本当にありがたいことだと思っています。

ちなみに、この型は田園調布の「IN MY BASKET」というお店で買ったもの。
ドイツのアルツベルグというメーカーのもの、とお聞きした気がしますが
お店のサイトによると、アルツベルグの商品はもう輸入されていないとのこと。
この器も、買い足しはできないもののようです。残念。

本の撮影直前、スタイリストの宮下肇子さんがオープンされたばかりの「IN MY BASKET」で
「経験値もなくてムリヤリなんですが、料理本を撮影しようと思うんです。
 写真は真上から撮りたいんですけど」
といきなりの相談をしたわたしに、
「料理は俯瞰(真上から撮ること)は難しいですよ。器の形で変化をつけるしかない」
といろいろ探して下さった器のうちのひとつでした。

そうしてムリヤリ撮影した『『働くおうちの親子ごはん』は、
いま見ると
「きゃー! やりなおしたい!!」
と思うような盛りつけばかりで、恥ずかしくなりますが、
その分、当時のリアリティには溢れていると思います。
やり直したいものの、いまも新しく買って下さる方があるのだから、と
これから先によりよいクオリティのものを出していくしかないな、とあらためて思います。


さて、件の型はもう買えませんが、
ミートローフは別に陶器の型を使わずとも、ケーキのパウンド型で大丈夫。
100円ショップで売っている18pのパウンド型で十分です。
型がなければ、なまこ型にまとめて焼けばいいわけだし、
つまり形の違うハンバーグなのだから、なんでもOK!
一度にオーブンで焼ける便利さや、かたまりで出す豪華さ、
ハンバーグとはまた違う柔らかい断面がいいんです。

せっかくお問い合わせをいただき、懐かしくなったので、
最近もっぱら盛り皿にしかしていなかったこの型で、ミートローフを作りました。
今日はシャキシャキのれんこんを加えて、味噌で味つけ。
和風ミートローフです。


和風ミートローフ


meatloaf2.jpg


(食べきり 4人分)
合挽肉 300g
タマネギ 小1/2個
れんこん 100g
ピーマン 赤・緑 各2個
食パン(6枚切り) 1枚
卵 1個
塩 小さじ1/4
こしょう 適量
みそ 小さじ1

<ソース> 
ケチャップ 大さじ2
ソース 大さじ2
みそ 小さじ2
水 50cc

1.タマネギは粗みじん、れんこんとピーマンは5mm角程度に切る。食パンはおろし金でおろす。
2.合挽肉に調味料を加えてよく練り混ぜ、卵、野菜、食パンの順に加えてその都度よく混ぜる。
3.ミートローフ型にタネを入れ、200度のオープンで40〜50分焼く。途中焦げるようならアルミホイルを表面にかぶせる。中央に竹串をさし、透明な肉汁が出るようなら焼き上がり。
4.小鍋にソースの材料を入れて煮立たせ、切り分けたミートローフにかける。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

2011お月見に宇宙のことを考える。



中秋の名月でしたね。

おととしは10月3日かなんかで、
あれ、ことしのお月見っていつだっけ? もう終わっちゃった? なんて思っていたのですが
今年は9月12日。
早いとこれはこれで、あれ、もう!? という感じで、
フィガロ.jpで連載している『午後3時のご褒美スイーツ』でも
お月見のお菓子を取り上げるのを、うっかり忘れてしまいました……。


せめて自宅では、と娘と作った月見団子。
白玉粉に絹ごし豆腐を混ぜるだけ、のかんたんで柔らかくできるお団子です。


tsukimi.jpg


今年は月の向きが悪いのか、庭のベンチに座ってしまうと月が見えない……
という状況で仕方なく、月を眺めて「きれいだねえ〜」と一言いって
さささっと家に入って、家でお団子を食べる、という色気のない流れに。
庭、まだまだ蚊もいるしね。


先日買った「ふるや古賀音庵」のお団子をまねて → 実物はこれ
和三盆とすり黒胡麻を混ぜた、黒胡麻砂糖かけ。
普段、胡麻和えにすると、白胡麻に対していまいちウケのよくない黒胡麻が
今日は、息子など、残った黒胡麻砂糖をお皿ごとなめそうなほどの気に入りぶり。
黒胡麻のいい使い道が見つかって、わたしも嬉しいです。


最近、「どうして?」「なぜ?」が激しくなってきた4歳息子、
今日も案の定

「どうして、今日は月が丸いの?」
「どうして、お団子食べるの?」
「どうして、月は僕についてくるの?」
「なのに、どうして座ったら見えないの?」
「どうやったら地球から出られるの? (←これは明らかに仮面ライダーフォーゼの影響)」

と、ちょっと困る質問を保育園帰りから連発。

満月を愛でる風流な夜のはずが、
地球と月と太陽の位置を立体的に考える、ちょっぴり科学的な夜になったのでした。
あまり上手に説明しきらなかったけれど。
でも、こういう疑問にちゃんとに答えないと、息子の好奇心がしぼんでしまうかも、
なんて、ついつい責任を感じてしまうんですよねえ。

今日聞いた答えなんて、明日にはきっと忘れて

「ねえ、どうして月は僕についてくるの?」

と、また保育園の帰り道に聞くことは間違いないんだけれど。


これからどんどん日が短くなって暗くなる帰り道、
「仮面ライダーフォーゼ」のおかげで、
宇宙と地球についての質問が、どんどん増えるのは間違いなし。
聞かれるこっちは大変だ〜。
でも、いいよいいよ。
このまま聞き続け、考え続けて、JAXAにでも勤められる子になってくれ。

あ、もしかして今年の「仮面ライダーフォーゼ」、日本の宇宙政策だったりして!?





2011年の月見団子


白玉粉 200g
絹ごし豆腐 1丁(300g)
和三盆糖 大さじ3くらい
すり黒胡麻 大さじ3くらい

1.白玉粉のだまをつぶすようにしながら、絹ごし豆腐とよく混ぜ合わせる。水分量に注意! 一度に1丁入れずに、3/4を混ぜ込んでから微調整してください。

2.ひと口大の団子に丸めてわかした湯に入れ、浮かんでくるまで3〜4分ゆでる。

3.氷水にとって冷やす。

4.水分をふきとり、和三盆糖とすり黒胡麻を混ぜ合わせたものをたっぷりかけていただきます。



※ 絹ごし豆腐のかわりに、豆乳を使ってもできるのでは、と思ってます。まだ試しておりませんが……きっと、水より柔らかくできるはず。です。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

型抜きクッキー



昨日のクッキーのレシピ。
適当に混ぜたら美味しくできたので、
備忘録的につけておきます。


バニラクッキー


cookies0619.jpg


無塩バター 100g
バニラシュガー 140g
卵 M1個
薄力粉 250g

1.無塩バターを室温で柔らかくし、バニラシュガーを混ぜる。
2.ときほぐした卵を少しずつ加え、よく混ぜる。
3.ふるった薄力粉を加え、全体をまとめてラップに包み、冷蔵庫で1時間以上冷やす。
4.打ち粉をふって生地をのばし、好みの型で抜く。
5.170℃のオーブンで12〜15分焼く。

※普通の砂糖を使うときには、バニラオイルを数滴加えるとよいです。



あとから気づきましたが、アイシングで飾る、と決めている日は
クッキー生地は卵黄だけで作ると、ムダがなくてよいかも。
その場合、薄力粉は様子を見ながら少し減らします。
好みで砂糖も少し減らしておきます。
120gくらいがよいかもしれません。

アイシングの作り方もいちおう書いておきます。



アイシング


卵白 1/2個分くらい
粉砂糖 80〜100g
食用色素

1.粉砂糖80gを小さなボウルに入れ、卵白を少しずつ加えて混ぜる。とろみをみながら、粉砂糖を足していきます。
2.好みで色をつけて飾ります。

※クッキー表面に飾るだけならゆるめで、文字を書きたいときにはかために作ります。



いまのバニラシュガーは洗双糖で作ってありましたが、
次の分は、きび糖とてんさい糖をつけておきます。
てんさい糖のクセが、バニラの香りで食べやすくなるのでは、と期待中。



posted by しょうこ at 10:00| Comment(2) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

2月18日の晩ごはん



子どもたちのリクエストで、ピザ!

帰宅してから急いでホームベーカリーに生地を作ってもらい、
冷凍庫にあったつくりおき素材で。
いただきものの美味しいモッツァレラチーズがあったので
それだけで、かなりのごちそうピザになりました。



pizzarosso.jpg


ミートソース+モッツァレラ+バジル



pizzabianca.jpg


バジルソース+エビそぼろ+バジル


エビそぼろは、殻をむいて片栗粉と塩でもみあらいしたエビを
包丁であらく叩いておきます。
それをジップロックに入れ、板状に広げて冷凍しておいたもの。
酒少々と塩ひとつまみを揉みこんで、バジルソースの上に散らして焼きます。
そぼろなので、あっというまに火が通ります。

自家製生地で焼くピザはふんわりもっちり。
とーっても美味しいですよ。



以前、ディズニーの連載にのせていたのと同じ生地です。
(いま、ディズニーFamilyTimeはサイト移転中でリンクが貼れないので……)


ピザ生地 (直径20pのピザ 約4枚分)

強力粉 400g
ぬるま湯 270cc(HBなら水でOK。輸入小麦粉を使うときには300ccに)
塩 小さじ1と1/2
イースト 小さじ2
砂糖 2つまみ
オリーブオイル 大さじ1と1/2

をHBに入れるだけ。

手ごねにする場合には、ボウルに強力粉を入れて
端に塩を、対角線上の反対の端にイーストと砂糖を入れて
イーストめがけてぬるま湯を入れて下さいね。


1.表面がつるんとしてくるまで10分ほどこね、丸めてボウルに入れます。

2.ラップをかけて30〜40℃の場所で30分ほど発酵させ、4分割して10分ほど休ませます。

3.休ませた生地を直径20pくらいに広げ、好みのソースや具をのせます。

4.220〜230℃のオーブンで10分ほど焼きます。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

いまさらですが、クリスマス



なんだか今年は年末感があまりないのですが、
もう仕事納めの時期ですね。
わたしもこれから、今年最後の打ち合わせに行ってまいります。


さて。
先週のクリスマス。
わが家は先週初めに娘にノロがやってきたため、
ケーキはなしの地味クリスマスでした。


しかも当日も忙しかったため、18時に帰宅してからの調理スタート。

普段も帰宅してからのスタートが多く、野菜料理なんてやっていると
結局、時間かかるわりには地味・・・となることが多いのですが

肉焼いた、どん!
魚煮た、どん!

とすると、簡単なわりにはごちそう出た! って感じになるんですね。
ということが、あらためて勉強になったクリスマスでした。


今年のクリスマスメニュー

2010xmas.jpg

ミートローフ(にんじん、ブロッコリー入り)
レンコダイのアクアパッツァ
チャイニーズチキンサラダ
スモークサーモンマリネ



体調の戻りきらない娘は結局、ミートローフ半切れとバゲットを少し食べただけ。
なんとも可哀想なクリスマスになってしまいました。
年末の忙しい時期に体調崩されると、正直キツイのですが
魚を見ても、ミートローフを見ても食欲がわかない様子をみるとちょっと不憫……。

おまけに、一週間遅れで息子も昨日からおなか風邪!
こちらはまだチビのせいか病気の自覚がないので、
具合が悪いのになんでも食べたがり、これはこれでやっぱり不憫……。
子どもは元気でうるさいくらいでいいんだなあ、とあらためて思います。

今日は、すでに昨日に仕事を納めただんなさんと留守番してもらって打ち合わせへ。
2010年も、最後まで慌ただしいなあ……。




クリスマスのアクアパッツァ


タイ、メバルなど白身の魚 中1尾
あさり 200〜300g

プチトマト 1パック →大きければ2つ割りに。
にんにく 1かけ
塩、こしょう 適量
オリーブオイル 大さじ2
白ワイン 50cc
水 100ccくらい
イタリアンパセリ 適量

1.あさりは海水くらいの塩水につけて砂抜きする。魚は塩こしょうし、表面に出た水をふいておく。

2.鍋にオリーブオイルとつぶしたにんにくを入れて弱火にかけ、香りが出たら魚を両面焼く。頭を右にまず入れて焼き、ひっくり返して盛りつけのときの頭が左の状態で煮ていく。

3.強火にしてプチトマト、あさり、白ワインを入れる。

4.煮立ってアルコール分が飛んだら水を加え、再度煮立ったら中火にし、魚の上に枝つきのイタリアンパセリ2〜3枝を置いてフタをする。

5.あさりの口が開き、魚に火が通ったらフタをとってスープを煮つめる。

6.イタリアンパセリを上からかけてできあがり。



※最後に残るスープが美味しいので、パスタを添えるのがおすすめ。
 ペペロンチーノだとさらに美味しい!
 お好みでオリーブを一緒に煮るのも

★今日のわが家のアクアパッツァは、
 あさりのかわりに2p角に切ったじゃがいもを入れています。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

ふくらし粉とわかさぎフリット



先週のAsahi.comに、ベーキングパウダーのアルミニウム含有に関する記事が出ました。

http://www.asahi.com/special/playback/OSK201010220140.html

市販のホットケーキミックスに含まれるアルミニウム量は
ホットケーキ一枚で幼児の一日許容量を超えてしまう、という話です。


アルミニウムが入っているから、アルミニウムフリーの
ラムフォード社のベーキングパウダーを使おう、とは
『自家製ミックス粉でつくる、なつかしいママの味』の中でも言いながら、
市販品だとホットケーキ1枚でアウト
とまでは知りませんでした。かなり深刻ですね。

とはいえ、アルミニウムフリーのベーキングパウダーなんて
そのへんのスーパーでは売ってないですよね。
わたしは幸い、近所のカルディで買えるのですが、
製菓材料のお店、クオカでは、ラムフォードのほか
国産のアルミニウムフリーのベーキングパウダーも扱っています。

アルミニウムが気になり始めた方は、見てみてくださいね。

http://www.cuoca.com/category/72.html


やや苦みが出ることを気にしなければ、重曹を使うのも手です。
重曹は、酸性と反応するので、ホットケーキの生地にヨーグルトを加えればOK。
生地がやや黄色くなる、という難点はありますが、
ホットケーキの場合、黄色いほうが卵っぽくて美味しそうでよい!
とポジティブに考えております。

このレシピなら、ベーキングパウダーを重曹にかえても大丈夫。
苦みもほとんど気になりません。

http://madamefigaro.jp/sweets/2010/10/11664.html



ちなみに、こないだの晩ごはん、わかさぎのフリットは
生地にビールを入れて作りました。
ビールの泡を、ふくらし粉代わりにすれば、卵を入れなくても
ふんわりさくっと仕上がります。
ビールがわかさぎのクセをとってくれるので一石二鳥。美味しいです。


わかさぎフリット.jpg


わかさぎフリット

わかさぎ 150g
白ワイン または 酒 大さじ1〜2
小麦粉 1カップくらい
ビール 1/2カップくらい

1.わかさぎを洗い、白ワインか酒をかけておく。
2.ボウルに小麦粉を入れ、ビールを注いで混ぜる。衣のかたさはお好みで。
3.揚げ油でカリッと揚げてできあがり。レモンやすだちをお忘れなく。

※ふつうの塩をつけて食べるほか、カレー塩もおすすめです。


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

夏の名残りのゴーヤ



おはようございます。

本が出ました、というお知らせで
一日に過去に見たことのないような数のアクセスをいただきました!
みなさん、気にかけてくださっていたんだなあ、と感動しています。
本当にありがとうございます。
今後ともどうぞ、よろしくお願い申しあげます。


ミックス本表紙2.jpg


この本のの発売に合わせたかのように、フィガロ.jpでのスイーツ連載も始まり、
ほかにもお菓子のお仕事をいただき、すっかりお菓子づいております。
ますます体重が気になるまま、食欲の秋に突入です……。


夏から秋へ。
この切り替わりの季節、端境期の野菜って、楽しくて大好きなのです。
最後にとれた不揃いの野菜たち。
これをあれこれ料理して食べるのがね。
長野で畑をやっていた数年間のことを思い出します。


先日、といっても十五夜なのでもう10日も前になってしまいましたが、
お世話になっている編集者さんが、運営されている世田谷古民家でのお月見会に
家族で行ってまいりました。

http://ameblo.jp/kominkamamas/

本当に素敵なふるいおうち。子連れが自然に集えるスペースです。
お近くの方は、ぜひ行ってみてくださいね。


そこでこれまたお世話になっているスタッフの方から、自家栽培のゴーヤをいただきました。
「ご自由にどうぞ」
と置かれていたのにみなさん遠慮されたのか、たくさん残っていたのを
遠慮なく、たーくさん持って帰らせていただきました。
小さいのから大きいのまで、不揃いのゴーヤを5本も!
ひとつなんて、大きくなってすでに黄色かったので、タネまでとれてほくほくです。
来年こそは、ゴーヤを植えよう!

さて、いただいたゴーヤ、いろいろにいただきました。
先日のゴーヤごはんはもちろん、ゴーヤチャンプルー、ゴーヤの天ぷら、
そして、いちばんのヒットが、ゴーヤと鶏肉の炊き合わせ。
わが家の定番、にんにくを入れた鶏モモ肉の照り煮の仕上げに
厚めに切ったゴーヤと入れてさっと煮て仕上げます。
沖縄では、豚肉との炊き合わせはあるようですが、鶏肉でも美味しくできました。

もうゴーヤも終わる季節ですが、名残りを楽しみました。


鶏肉とゴーヤの炊き合わせ

ゴーヤと鶏肉.jpg


鶏モモ肉 1枚
酒 大さじ2
みりん 40cc
醤油  50cc
にんにく 1かけ
ゴーヤ 大1本

1.厚手の鍋に調味料を入れ、鶏肉の皮を下にして中強火にかける。
2.にんにくも入れてふたをして5分ほど煮る。鶏肉の端のほうの色が変わったら裏返し、さらに5分ほど煮る。
3.鶏肉を上下返しながら照りを出すように火を通す。鶏モモ1枚なら15分ほどは煮ます。
4.肉をとりだし、煮汁に縦に2つ割りにし、幅2pほどに切ったゴーヤを入れて3〜4分煮てできあがり。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

秋のごぼうの炊き込みごはん



だいぶ過ごしやすい日も増えてましたね。

この気候のせいか、大地宅配から来る野菜ボックスは細り気味なのですが
それでもずいぶんと、秋の野菜に入れ替わりました。

それを使って、秋野菜ごはん。
うっかり茶色い食卓ですが、根菜いっぱい秋のめぐみ、という感じで
満足度の高いごはんでした。


茶色い秋のごはん.jpg


大根と牛肉の炊き合わせ
かぶと昆布の塩もみ
明太子しらたき
ごぼうとベーコンの炊き込みごはん
わかめと豆腐の味噌汁


ごぼうは、そのままで、生姜を合わせて、
または油揚げや牛肉を加えて、といろいろな炊き込みごはんを作りますが、
今日はベーコンで。
ベーコンの塩味のきいたスモークの香りとごぼうの土臭さ。
簡単でとっても美味しいので、ぜひ。
ベーコンは、カリッと炒めてから炊きこんで下さいね。



ごぼうとベーコンの炊き込みごはん

米 2合
ごぼう 1本
ブロックベーコン 80g
酒 大さじ2
うすくち醤油 大さじ1

1.ごぼうは皮をこそげてささがきにし、水にさらす。ブロックベーコンは5mm幅に切る。
2.フライパンを中火にかけ、ベーコンを炒める。油が出たらキッチンペーパーなどでふき、水気を切ったごぼうも加えて炒める。
3.研いだ米の上に2をのせ、酒、うすくち醤油を加えて水加減して炊く。

※大人は好みで柚子こしょうを混ぜると美味しい!


posted by しょうこ at 00:00| Comment(3) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

ひじきの日



今日は、ひじきの日だそうです。
ツイッターで知りました。
このごろ、ツイッターがかなりの情報源になってきています。


ひじき、一人めの妊娠時には
「妊婦は必ず食べろ」
と言われていたのに、二人めのときには、
「リンが多く含まれるので、摂取過多は危険」
と言われる食品に変わっていました。
栄養学って、あっという間に変わってしまうんですね。
結局、なんでもバランスよく、偏りすぎず食べるのがいちばん、
といういつもの結論になってしまうのですが。

さて、たまに食べるひじきは芽ひじきが多いのですが、
久しぶりに太いひじきを買ってみました。

すると、美味しい!
芽ひじきとはまったく別の食べもの。
ふわっとした歯ごたえが意外です。


豚肉、ブロッコリーと合わせてパスタに。
ひじきとパスタってよく合うんです。
オリーブオイルと鷹の爪でペペロンチーノ風にするだけでも十分なのですが、
ちょっと具だくさんに食べやすく。
本当に美味しいですよ。お試しあれ。



ひじきとブロッコリーのペンネ


ひじきのパスタ.jpg

(2人前)

ペンネ 160g

ひじき 適量
豚ひき肉 100g
ミックスイタリアンハーブ 小さじ1/4
ブロッコリー 1/2房

オリーブオイル たくさん(お好みで。1/2カップくらい使うと美味しい)
にんにく 1かけ
塩、こしょう 適量


1.ひじきは水で戻し、適当な長さに切っておく。ブロッコリーは小房に分けて下ゆでする。
2.オリーブオイルとつぶしたにんにくをフライパンに入れ、火にかける。
3.香りがたったら、豚ひき肉をあらくつぶしながら入れ(ポロポロにしすぎないほうが美味しい)、塩小さじ1/2、こしょう、イタリアンハーブミックスを入れて表面がカリッとするまで炒める。
4.ひじき、ブロッコリーも加えて炒め煮にするように火を通し、ゆであがったペンネをからめて30秒ほど煮てなじませ、塩こしょうで味をととのえてできあがり。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(1) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

夏の終わりの気配



相変わらず暑いですね。

それでも確実に日は短くなってきていて、
18時のお迎え時にはうっすらと暗くなり始めている。
淋しい季節のお迎えが始まるんだなあ、と
秋の訪れを感じます。

今年は野菜の切り替わりが遅い気がするので、
季節の変わり目を感じるのは、やっぱり日々の送り迎え時なのです。


そろそろ夏の疲れも出て、体調を崩しやすい季節でもありますよね。
いっそ、軽い食事にして身体の負担を軽くするのもよいかも。
そんなときにおすすめがこれです。

車麩のから揚げ。


車麩から揚げ.jpg



車麩のから揚げ

車麩 5個
しょうがのしぼり汁 小さじ1
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
しょうゆ 大さじ1〜2
片栗粉 適量

1.車麩は水につけて戻す。
2.戻した車麩の水気をしぼって適当な大きさにちぎり、調味料をなじませる。
3.揚げ油を熱し、片栗粉をまぶした車麩を揚げる。

※調味料を加えるとき、車麩があっという間に水分を吸ってしまうので、水気はゆるめに絞っておくとよいです。



娘が、母と一緒に出かけたさくらんぼ狩りで教わってきた料理です。
とはいっても
「お麩をから揚げにして、すごく美味しかった」
と言われただけなので、正しいのかはわかりませんが。
子どもたちには大人気だったので、よしとしております。
美味しいですよ。


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

ゴーヤの混ぜごはん



この夏、美味しかったもの、その2。
ゴーヤの混ぜごはんです。


ゴーヤごはん.jpg


7月の『週刊文春』で紹介されていたものですが、
鶏肉と一緒に甘辛味に炒め煮にしたゴーヤを混ぜごはんにする、というもの。
それってどうなの? と半信半疑ながらも、ゴーヤ好きとしてはどうしても気になり、
どうせ子どもは食べないので、ひとり昼ごはんに作りました。

ところ。

これが、本当に美味しい。
びっくりしました。
びっくりしすぎて、2人前できたはずなのに、全部食べちゃいました!
それくらい美味しい。
ゴーヤ好きの方は、ぜひお試しください。

わたしは適当に家にあった材料で作りましたが、いちおう元レシピを。


ゴーヤと鶏肉のまぜご飯(2〜3人前) 週刊文春『賢者の旬レシピ 45回』より

ゴーヤ 1本
生姜 ひとかけ
ゴマ油 大さじ2
鶏肉小間切れ 150g
酒 大さじ1
醤油 大さじ2
みりん 大さじ1
梅干し 3粒
しそ 6〜7枚
ご飯 2合

1.ゴーヤは縦半分に切り、わたをとって薄切りにする。
2.生姜をみじんぎりにする。
3.フライパンにゴマ油をひき、生姜を入れて火にかける。鶏肉を加えて炒める。鶏肉の色が変わってきたらゴーヤも加える。
4.酒、醤油、みりんを加え炒める。汁気がなくなったら火を止める。
5.梅の種を取り、包丁で叩く。しそを5mm幅に切る。
6.ごはんをボウルにいれ、4をあみ杓子で加えさっくりと混ぜる。梅としそを加え、軽く混ぜる。

*************************************

 

ゴーヤは相当好きなのですが、
好きすぎるがゆえ(?)に結局、食べ方は決まり切った

ゴーヤチャンプルー
おひたし
オムレツ
天ぷら
肉詰め揚げ
いいとこ、カレー味炒め

くらいになってしまいます。
新しいことを試そうと思うより以前に、あの味のゴーヤが食べたい!
と思って買ってくるわけだから、めったに新しいところには行きつかないのです。

慌ただしいとついつい保守的になりがちなごはん。
子どもにはオーソドックスなものを知ってほしい、という気持ちもあるのだけれど、
やっぱり、たまには違うのもいいなあ、と思いました。はい。



posted by しょうこ at 08:00| Comment(4) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

風邪の終わりは野菜ごはん



ようやく風邪が治りつつあります。

となると、野菜が食べたい〜という気持ちが。
たぶん、料理する気力が出てきてるんですね。


というわけで、とことん野菜だけごはんにしてみました。
あっちこっちに、ねぎとしょうがが入ってます。


野菜ごはんの日.jpg



  キャベツと油揚げの炒めもの
  なすのトマト味噌煮
  冷奴のオクラ納豆のせ

  (ここには写ってないけど)
  ゴーヤと豆腐のカレーチャンプルー







写真にすると彩りが少なく「地味〜」な感じですが、
本当にほんとうに美味しかったのです!
雑穀入りの七分米と一緒に、かみしめていると、
お腹の底から元気になってくる感じ。
ベジタリアンになってもいいかも、と思う瞬間でもあります。

野菜だけ料理の日は、塩の威力をあらためて感じます。
最初にきちんと塩をふると、野菜がぐんと美味しくなるんですよね。


キャベツと油揚げの炒めもの


キャベツ 1/2玉
白ねぎ 1本
しょうが 1かけ
油揚げ 2枚
菜種油 大さじ1〜2
ごま油 小さじ1

1.キャベツはひと口大にちぎる。白ねぎは斜め切りに、しょうがは細切りに。油揚げは適当な大きさに切る。今日はやや存在感があるほうがよいので、縦に半分に切ったあと、2p幅くらいに切ってます。
2.中華鍋に菜種油を熱し、しょうがとねぎを香りが出るまで炒める。油揚げを加えて塩ふたつまみも加えてパリッとさせるように炒める。
3.キャベツも加えて塩小さじ1/4をふって強火でざっと炒める。好みで塩こしょうを追加し、仕上げにごま油をまわしかけてざっと混ぜるとできあがり。

※しっかり塩味が美味しさのポイント。具を加えるごとに塩をふります。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。