2014年05月01日

新ブログです


ご訪問ありがとうございます。
2013年10月20日以降は新ブログに引っ越ししております。

http://tauchishoko.seesaa.net

まだまだスカスカの新ブログですが、こちらも見ていただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします!


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

お酢の料理教室やります!





すっかりお知らせが遅くなりましたが……

3月29日(土)にお酢の料理教室をやります!



今回は埼玉で有機農業を営んでいらっしゃる
「えがおファーム」さんの主催。
東京で唯一の醸造蔵である、横井醸造さんのお酢を使わせていただきます。
http://www.yokoi-vinegar.co.jp

dd_nana1.jpg

お酢をちらっと使うと驚くほど美味しくなる、
「いつものお料理+お酢」
の意外な料理を実習いただきつつ、
前菜やデザートなどもご試食用にご用意します。

いろいろなお酢で作るフルコースをお楽しみ頂こうという
盛りだくさんなイベントです。


??-65.JPGdd_nana4.jpg
chicken.jpg


「一日に大さじ1杯が健康の秘訣」と言われるお酢ですが、
「『さしすせそ』の中でも、いちばん使いこなせない」という声をよく聞きます。
お酢が大好きな方も、お酢がちょっと苦手な方も、
きっと新しいお酢の楽しみ方が見つかりますよ。

横井醸造さんの自慢の品でもある、
江戸時代から伝わる「赤酢」を使い、
江戸の寿司飯も再現しますので、お楽しみに!


4月12日(土)には、横井醸造の見学会もあります。
こちらも後日お知らせしますので、ぜひご予定下さいね。
えがおファームさんでのお知らせはこちら。
http://ameblo.jp/m-kiyooka/entry-11764695002.html

************


日時:2014/03/29 土曜日 11時から14時ごろまで
会場:江東区総合区民センター 調理室
   (都営新宿線・西大島駅 A4出口出てすぐの建物)

   当日のスケジュールは、以下の通りとなります。

   10時45分:受付開始
   11時:調理実習開始
   12時30分ごろ:調理した料理を皆さまで味わいます
   13時30分ごろ:片付け
   14時ごろ:現地解散

会費:3500円 (食材費、イベント参加費込み)
※お土産付きです。
※開催当日、現地にてお支払いをお願いいたします。


申込みは以下の専用フォームからお願いいたします。
http://kokucheese.com/event/index/142901/

※ご友人、ご家族での参加、大歓迎です。
※2014/04/12に開催します横井醸造の工場見学会
 「えがおファーム・大人の社会見学vol.4」にもご参加いただけるお客様は、工場見学会時にプレゼントがあります。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

卵かけごはん



卵かけごはんはお好きですか?

先日ご紹介した『愛と青春のすみれキッチン』でも
人気の朝ごはんメニューとして紹介されていた「卵かけごはん」。
卵かけごはんなんて、ただの卵かけごはんだろうと思いきや。

「すみれキッチンの卵かけごはんには、みんなハマっていましたね」

というOGさんの発言が。
あえて、そこの卵かけごはんにハマるとは、いったいなに違うのか。

いろいろ、友人とも想像して出た結論が「味の素に違いない」。
最近の「宝塚グラフ」という雑誌の中で、
すみれキッチンのものとして紹介されていた「納豆餃子」レシピにも
「うま味調味料」と堂々と書かれていたので、
味の素が多用されていることは間違いなさそうです。


少し前にありましたよね。
小栗旬さんが出ている味の素のCMで
「卵かけごはんに味の素かけると超うめえ!」
みたいなことを言って実家に電話をするやつ。
それを見た当時には
「せっかくお母さんが躾けてきたのに、ひとり暮らしをしたとたんに
 卵かけごはんに味の素とはなにごとか!」
と怒っていたのですが、最近、考えを変えました。
そもそも、お上品とは言えない卵かけごはん。
味の素がーとか、言っても始まらないな、と。

もちろん、以前お仕事させていただいた「美味サライ」という雑誌に紹介されていた
「山本益博さんおすすめ、究極の朝ごはんセット」
みたいな、吟味しまくったお米と卵と醬油で食べる卵かけごはんは
素晴らしく美味しいです。
が、そうでない卵かけごはんには、そうでない美味しさがありますよね。

数年前に流行った「卵かけごはんの本」はきちんと読んでいなかったので
いまになって、
「卵かけごはんには七味唐辛子」とか
「卵かけごはんにはラユーンの激旨ラー油」とか
いろいろな方のこだわりを知り、第何次めかの卵かけごはんブームが来ています。

いっときはだし醬油での卵かけごはんにハマり、
自家製だし醬油で毎日のように卵かけごはんを食べ、
http://oyako-gohan.seesaa.net/article/135850371.html

オリーブオイルや菜種油をかけた、卵かけごはんもどきにハマったこともありました。
http://oyako-gohan.seesaa.net/article/136852968.html


ジャンクなものに気持ちが傾いているいま、思い出しているのは
20年以上も前、泉麻人さんが「オリーブ」に書いていた
「卵かけごはんにすきやきふりかけをかけると美味しい。卵黄だけを使うこと」
という話。
いわゆるふりかけには、うま味調味料も入っているし、
「卵かけごはんに味の素入れるとうめー!」
のごちそう版になることは間違いなさそうです。すきやきだし。
いよいよ、すきやきふりかけを買ってみるか……。
真剣に悩み中であります。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

ピザのデリバリーボックス





週末、息子の保育園のお友だちが遊びに来ました。
その後、別のお友だちの家での二次会へハシゴ。
昼に余ったピザ生地を焼いて持って行こうということになり、
お友だちのお父さんが、ビールの箱を使ってデリバリー用の箱を作ってくれました。

のが、これ。

image-20130408043902.png

なんと二段構造です。
しかもコーナーにはすべりどめつき。


image-20130416105714.png


すごい技にびっくり。
いろいろな特技のある人がいるんだなあ、とあらためて感心します。

image-20130408043910.png


ちなみにこのお父さん、工作のみならず、絵もプロ級に上手です。
映画関係のお仕事をしていたのですが
飲食系に変わろうと、これから新たなチャレンジをするのだとか。
こんな器用な方なら、さぞ美味しいものを作れるのだろうなと思います。
実際、以前おうちにお邪魔したときには、
次々と天ぷらをあげて振る舞ってくださり、本当に美味しかったのです。

40を超えての転身をしようとしている身軽さも素晴らしい!
わたし自身、かろうじて30代ではあったものの
ムリヤリな方向転換をして、まだ地も固まらずジタバタしているので、
そういう方がこれからどうやって頑張って行くのか、固めて行くのか、
本当に嬉しく、楽しみでもあります。
お店、ぜったいに行くからね!



さて。
二次会でのイベントはこちら。
「女子高生の間で流行ってるって、テレビでみた」
と、あるお母さんが持ってきた、コアラのマーチ。
箱の真ん中あたりを軽く握って、ひたすら20分ほどふり続けると、
クラッカーが砕け、チョコレートが溶け、大きなチョコボールになるというのです。
半信半疑でみんなで試したところ。

できました!

image-20130408044005.png


チョコレートが溶けてまとまっているので、ベタベタの仕上がりではありますが、
大きなチョコボールに。
子どもたちがフォークで分け合い、あっという間に食べてしまいました。
ので、味はわからないのですが、
美味しく食べるためには、冷蔵庫で冷やしたほうがよいだろうと想像しております。
ネタとしては面白いので、次回のパーティではぜひお試しを。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

コロッケそば



急に思い出してネタにしていた、コロッケそば
しかも食べたのは他人で、自分は食べたこともないけれど、
なんと、ネット上でちょうど話題になっていたそうです。

http://matome.naver.jp/odai/2136434965801285801


ここまでありかなしかと議論されたら、
食べないわけには行きませんね。
せっかくすぐに食べられる都内に住んでいるわけだし。
(上記のまとめによると、コロッケそばは首都圏限定だそうなので)

2年前にコロッケそばツアーを敢行していたganchanはさすがの先見の明がありますね〜。
担当営業さんとしては心強い限りでございます。
※ganchan氏はお世話になっている版元さんの敏腕営業マンなのです。

http://togetter.com/li/97901

posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

桜の季節に思うこと



ブログの更新こそはしておりましたが、
久しぶりに本格的な風邪を引き、
週末から月曜まで、ほとんど寝てしまいました。

今朝、ようやく保育園へ。

桜が、本当に満開を超した状態になっていました。

image-20130326120816.png

寝ている間に桜が終わってしまった、という。
本当に桜は一瞬で終わってしまうものなのだなあ、と実感しました。


庭で、枯れたかと思っていたハーブからも芽が出始め、
本格的な春の到来ですね。

とはいえ、今日も寒い!
桜は3月20日過ぎに満開になるわ、毎日暖かかったり寒かったりだわ、
『トウガラシの叫び』は、アメリカ大陸の気候変動のなかトウガラシを辿る、
というテーマで、原作を初めて読んだ2011年には、
アメリカの気候はほんとに大変だなあ、と人ごとのように感じていたのですが、
いつのまにか、日本でも春夏にヒョウが降るようになり、竜巻が起こるようになり、
この2年のうちに、「異常気象」という言葉をたびたび聞くようになり
日本も立派に、気候変動の真っただ中にいる国になってしまいました。


昨夜は偶然つけたNHK-BSで、角田光代さんがサラエボを旅していました。
内戦中の1992年からの4年間、セルビア軍に包囲され続け、
砲弾のなかで4年間、どうやって人々は生活し子どもたちは育ったのか、を追う旅。
わたし自身、成人してから起こった戦争のことなのに
なにひとつ具体的には知らなかったことがたくさん映し出されていました。

そういえば先日、子どもがとつぜん聞きました。
「どうして日本は中国とけんかしてるの?」
けんかをしているという認識をまったくしていなかったわたしはとにかく驚きましたが、
子どもの目にもそう映り、そういう情報が入るような報道がなされているのか、
と思うと暗澹たる気持ちになりました。

いったいどこに向かって行こうとしているのか、わたしたちには知るよしもありませんが、
もしかすると、気候変動も日常の戦争も、
人ごとではないところまで近づいているのかも知れないな、と
冷たいものが忍び寄ってるような錯覚をしてしまいます。
楽しいはずの春なのに。

体調が悪いときはよくないですね。
早く、そんな実態のない恐怖を追い払えるよう元気になろうっと。
少なくとも、なにが起きても大丈夫と思えるくらい、基礎体力は上げておかなくては。
それこそが、子どもたちに身につけてもらいたいと思っている力なのだから、
うっかり季節の変わり目に弱っている場合じゃないぞ、
と気合いを入れ直しておきます。


posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

いまどきの言葉



先日、仕事がらみで若いお嬢さん方にお会いしました。

「わあ、それって胸熱ですね!」

「そのお菓子が神なんです!」

という言葉づかいに、若い人と話してる〜と実感。

「胸熱」とか「神」とかネット用語であり、話し言葉だとは思ってなかったんですが、
その感覚って古いんだろうなあ、きっと。
わたし自身は、入社した20代前半のころ「○○さんはおられますか?」と電話をして
「なにー、そのおじさんみたいな言い方!」
と先輩に笑われていたくらいなので、
いまさら言葉の感覚が古いとか認識するまでもないのですが……。
ちなみに「胸熱(むねあつ)」と読みます。

20〜40代の方に同じものについてのお話を伺ったのですが、
同じことを話すにも使う用語が全く違うのは本当に興味深かったです。



先日、近所のうどん屋店主とも、いまどき言葉の話になりました。
うどんのつゆが「まじやばい!」とほめられるのはまだありとして。

「お子さんのうどんに、おろし生姜を入れて大丈夫ですか」
「あ、大丈夫です」

の8割が「食べられないので結構です。いりません」の意味だと聞いて、
さすがにびっくりしてしまいました。

と思ってみると、先日テレビで嵐の相葉くんが
「ナポリタンを知る」という企画で3軒続けて食べたあとに
「僕ナポリタンはもう大丈夫です」と言っていたのも
「しばらくは食べたくありません」の意味だったんですね。
「もうナポリタンについてはすっかり理解しました」の意味かと思ったのだけれど。

相手を傷つけないよう、失礼にならないよう、
否定的な言葉を使わないようにしている、ということであろう「大丈夫」の用法、
コミュニケーションスキルが高すぎるというかなんというか。
ずけずけと直接的な物言いを反省しました。ちょっとだけ。

件のうどん屋店主は、
「このまま行ったらきっと30年後くらいには
 首相の所信表明とかでも『ぶっちゃけ』とか言うようになるんだよ!」
と笑ってましたが、案外笑い事ではないのかもしれません。

ぶっちゃけでも胸熱でも、話し言葉は変化していくものだから構わないけれど、
「大丈夫です」
に代表されるような、事なかれ主義的な婉曲話法に長けて行くのは、
ちょっと気持ち悪いなあ、なんて思ってしまうのですけれど。


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

息子6歳の誕生日



息子、誕生日でした。6歳。
下の子はあっという間よ、と聞いてはいたけれど、
本当にあっという間の6年間で、
気がついたら歩いて気がついたらしゃべって、気がついたら卒園。
みたいな気分です。

きちんと下の子のことを見てあげられていないんじゃないか、
という引け目というか申し訳ない気持ちが常にあって、
きっとそれで、ブログにはつい、下の子のネタが多いんだろうなあ、と思います。
一種の罪滅ぼし。
まあ、息子のほうがおもろい年頃なのは確かなんですけど。


さて、誕生日のイベントは、というと憧れの
「寝てるときお迎え」。
文字通り、お昼寝の時間中に迎えに来てもらい
みんなより早く帰るよ〜という優越感を味わうもの。
お休みとは違う、行くだけ行って、早くお迎えに来てもらうのがよいそうです。
前から「『寝てるときお迎え』して〜」と言われていたのですが、
先生に聞くと「みんなの憧れなんですよ」とのこと。

「寝てるときお迎え」ってつまり14〜15時の間には迎えに行くってことで。
たまにはそれぐらい頑張ればよかったのだけれど、やはりいざとなるとなかなか難しい。
よくよく気がつくと、保育園でのお昼寝も今週の火曜と木曜しかない!
というギリギリのタイミングでの誕生日。
お祝いがてら、今日は行ってきました。

だって、今月で卒園しちゃったら「寝てるときお迎え」なんてもうできないもんね。
最後の楽しい思い出になるといいな。


晩ごはんは

「おさしみと、海苔まきと、塩おむすび」

という、相変わらずの米好きなリクエスト。

お刺身はともかく、塩むすびとはなんと慎ましい……
と思っていたのですが、いざ魚屋に行ったらカニに釘付け。
最初じーっと見ていた松葉ガニ12,800円から引きはがし、毛ガニ2,680円に。

image-20130313080607.png


「今日、誕生日だからカニにするんだよねー」

「じゃあ、おまけしとくね。ほんのちょっとだけど」

と奥さんが2,600円にしてくれました。
嬉しくなり、横にあったイイダコ3匹も購入。
あれ、うまく買わされてるなあ、なんて思いますが、
こういうやりとりのできる個人商店がある商店街が大好きなんです。

image-20130313084023.png

結局リクエスト通りの、お刺身+塩むすびに加えて、
カニ+イイダコ煮付け+手巻きセット。


ケーキはおばあちゃんからのプレゼント。

image-20130313080559.png


実は週末にもお友だちがサーティワンのアイスケーキを持って
お祝いに来てくれていたのでした。

image-20130313080727.png


お友だちとのプレお祝いの9日、パパの誕生日の11日、自分のお祝いの12日。
息子のお祭りウィークも無事終わりました。
今年も元気に過ごして大きくなってくれますように。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

2013年3月11日



3月11日。
うちの夫の誕生日です。

2年前の地震の日から、祝いたいのだけれど、
祝うと同時に、いろいろなことを考えてしまう
とても複雑な日になってしまいました。
翌12日は息子の誕生日なので、この時期はわが家にとっても特別な時期。
3月10日は東京空襲の日、11日は東日本大震災の日。
こんな時期に家族の二人が誕生日を迎えるわが家では、
いつもにまして、いつも通りに暮らせることの幸せ、
誕生日を迎えられることのありがたさを感じます。

今日、誕生日のお弁当も
笑ってしまうほど、いつも通り。

image-20130311134811.png

 ブリの香味焼き、黄色パプリカのグリル添え
 ニラ入り卵焼き
 カリフラワーのカレー風味
 明太天ぷら
 七分ごはん 梅干し+子持ち昆布



2年前の地震の日、幸いわたしは自宅作業だったので、
子どもたちを迎えに行き、どうしたらよいかとにかくドキドキしながら
あわてて炊き込みごはんを作りました。
具をいっぱい入れて5合炊いて、おむすびに。
冷静に考えると、炊き込みごはんは傷みが早いから保存食には向かないのだけれど
いつガスが止まるかわからない、調理できるうちに早く、
そしてそこに少しでも具も入れて、
と考えたのだろう、といまになったら思います。

誕生日ディナー用に買ってあった豚肉ブロックに切れ目を入れて
ニンニクとパセリを詰め込んで焼き、大きな白菜を蒸し煮に。
やはり冷蔵庫にあったエビも入れて。
とりあわせもなにもないバラバラなごはんですが、
阪神淡路大震災の経験から、
電気やガスは出てるうちにとにかく作れるものを作っておかなくちゃ!
冷蔵庫に入ってる生ものは調理してしまわなくちゃ!
と変なアドレナリンが出ていたのです。

_MG_5760.jpg


結局、わたしたちの住むエリアはガスも電気も止まらず、計画停電にもならず、
まったくの問題なく過ごせたわけですが、
電気は極力使っちゃいけない、
少しの加熱で長く食べられるものを作っておく、
とにかく、子どもたちの食べるものはなくならないように、
と、12日と13日はひたすらなにかを切ったり塩揉みにしたりしていたような……。
数日後、友人宅に向かう新幹線に持ち込んだお弁当には
あらめの煮物、豚ヒレとシシトウの醤油煮、筑前煮、白いんげんの甘煮と
いろいろな煮物がぎゅうぎゅう詰めになっていたくらいです。


地震発生直後に早々に会社を出発した夫は、
4時間かけて歩き、19時すぎに帰宅しました。
帰り道、そんな地震の後なのに開けていた近所のビストロに立ち寄り、
(やっぱりお客さんはいなかったそう)
生ハムやパテを買い、棚から落ちてコルクのところが割れてしまったというワインを
お祝いにいただいて帰ってきました。

_MG_5728.jpg


今年も無事に誕生日を迎えることができて、本当にありがとうございます。
日常のんびりしていると、ついつい忘れがちになるけれど、
戦争もなく、環境汚染が少なく、少しでも安全な世界で
子どもたちは暮らしていけますように。


そんな折、今日の日経新聞サイトにこんな記事が。
日本での原発再稼働のメドが立たないプラント企業が
海外に活路を見いだしているという、めまいがしそうな話です。
中国やロシア、北東欧、東南アジアでは
原発開発がまた進みそうな機運があるのだそうです。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD0507J_W3A300C1000000/

電気がふんだんにある暮らしは便利だし、
これから成長する国々が電気を求めることは否定はできません。
けれど、原発はやはり人が動かすもの。
どれだけの設備があっても完璧な仕組みではないと思うのです。


少しでも憂いの少ない世界になっていきますように。
とにかく、心から祈るしかありません。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

ひなまつり2013



今年はえらい手抜きのひなまつり。
寒いなか、公園で遊ばされて疲れた上にいろいろ締め切りも重なり、
ほんとにごめんなさい、のちらし寿司とおすましのみ。
作り置きの甘酢があったので、ごはんを炊いている間に
酢ばすを煮て、かんぴょうを煮て、卵を焼いて、
帰宅して30分で、ちらし寿司の完成です。

最近、東京ガスさん関連の料理教室をたまに担当させていただき
「炊飯機能を使えば21分ほどでごはんが炊けるんです」
なんて話をしていますが、ほんとにあっという間に炊きあがります。
しかも全自動。
わが家も昨年末、炊飯機能のついたコンロに変えたんです。ふふふ。


image-20130303233719.png

 あなご、いくらのちらし寿司
 (息子がえびアレルギーのため、えびはなし)
 あられはんぺんと菜の花のおすまし
 菜の花のからし和え



2008年、2012年に引き続き、今年も盛りつけは娘が担当。

http://oyako-gohan.seesaa.net/article/255570389.html

今年は気持ち地味な仕上がりですが、
美味しくいただきました。

が。
来年はちゃんと準備して、天ぷらくらいは作るね。


posted by しょうこ at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

おひなさま



先週金曜日、Facebookで

今日の目標、おひなさまを出す
 週末は仕事だし、よく考えたら3月3日まであと一週間だよ!」

と書いたら、「いいね!」がたくさんつき、
「うちも今週末〜」
という意見をたくさんいただきました。
ああ、よかった。まだ出してないのはわたしだけじゃないんだわ……
なんて安心していたら。

金曜は結局バタバタと終わり、
土日は思いのほか忙しくて消耗して帰ってからばたりと寝てしまい、
月曜は確定申告の準備ができていなかった! と気づき
結果徹夜をしてしまった火曜は人間として使い物にならず。


……と延々と言い訳してますが。

つまりまだ出してないんですよ!
なんとか2月中に出したい!!


という志の低い、お恥ずかしいお話ですが、
なんとか自分を奮い立たせるために、ここにあえて書いてみました。
明日は飾った写真をお見せしたいと思います……たぶん……できれば。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

「親子ごはん」の感想をもらいました



昨日の朝早く、
「親子ごはん」2冊を読んでくれたという中学の同級生からメールが来ました。

「通勤中に少しずつ読んでいます。
いままで、育児系の本でこんなに共感した本は無いです。
一番自分の状況を理解してくれる本に出会えた感じ!
お迎えの時間、子供との時間の苦悩、アレルギー、有機、
そして子供に与えたい食事の理想、
全て「私のこと?!」というくらい、ぐっとくる内容で、感動しながら読んでいます」


ずっとずっと、迷ってばかりのわたしにガツンと来る嬉しいもので、
朝から思わずボロボロ泣いてしまいました。

このところ特に、
「わたしももっとおしゃれ系料理を前面に出すべきじゃないのか」とか
「インテリアももっとかっこよくして表に出せるようにするべきじゃないのか」とか
「もっときちんと稼げるように露出を増やして活動するべきじゃないのか」とか
自分の伝えたいことの本質とは違う方法論的なところで、
グラグラふらふら迷ってばかりいます。
あげく、きちんと結果を出せずにいます。
ふらふらしている人が結果を出せるはずはないですよね。

ということは自分でもわかっているのに、
「お財布をかえたらいいんじゃないか」とか
「運気を上げる占いをしてもらったらいいんじゃないか」とか
結局はやらないけれど、それでも気になってしまったりします。
いや、実際にお財布はかえたけれど。先月。
で、買ってから「1月22日はお財布を買うのにはベストな日です」
と風水関係のサイトで見て、ラッキーと喜んだりもしました。


さておき。

こうして読んでくれてる人を、書いたときの自分を、裏切っていないか、わたし。
ということを、あらためて突きつけられた気がします。
そして、やっぱり迷っちゃいけないんだ、とあらためて思います。

いま携わっている仕事では、ある食堂に関する話を聞いています。
特別なごちそうが出るわけではないのに、
そのごはんが、お客さんをどれだけ元気づけてきたか、
そしてそのごはんを思い出として語る人たちがどれだけ楽しそうか。
ごはんの持つ力をあらためて知らされる思いです。

活動を少しでも大きくしていくことの必要性は感じています。
子どもたちが育っていく社会はもっとよくなってほしい、
一緒に育つ友だちも、健康なごはんを食べて健全に育っていってほしい、
生活を楽しめる子たちになってほしい。
それはたぶん、子どもを持つ人、持たない人も
ほとんどの人が思っていることで。
わざわざ伝えるほどのことでもないのかも知れません。
それでも、より多くの人に伝わらないと、思ってるだけじゃ意味がないから。
そのためにはレシピなのか。文章なのか。
できることをひとつひとつ、やっていきたいと思います。

あらためて、頑張ります。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

ピクニックごっこ



とにかく出不精の息子。

「ランドセル買いに行こうよ」
「やだ」
「自転車の練習しようよ」
「やだ」

そんな息子が、

「今日は遠足のお弁当しよう!」
と急に張り切りだし、お弁当箱や水筒をせっせと支度し始めました。
外には霜柱もおりるほどの寒さなのに。
あやしい……


と思っていたら、やっぱり。
おうち遠足でした。
きちんと、お弁当箱もセットして、ぶら下げてぐるっと歩いてから
「はい、お弁当!」

保育園では、遠足の日に雨が降ると、園内で遠足ごっこをするそうで。
それにしても横着にもほどがあろう。とは思うけれど、

「だって、お引越ししたばっかりで
おうちが好きなんだもん〜」


と言われると、なんにも言えないですよねえ。



即席で作った、早春のお弁当。


image-20130217211054.png


 菜の花オムレツ
 ブロッコリーと砂糖さやのツナサラダ
 豚の味噌カツ
 里芋フライ
 切り干し大根煮
 きゅうり塩もみ
 シウマイ




追記・ついにこの後、ランドセルを買いにいきました。

「ランドセル買いにいってもいいよ。今日だけ特別だよ!」

と威張って出かけ、

「特別に来たんだから、キョウリュウジャーのおもちゃ買って!」

と、ジャイアンのような屁理屈をこねまくったあげく、帰りの自転車で寝てしまいました。
ほんとに小学校、だいじょぶか?!



posted by しょうこ at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

黄色い薔薇



美容院近くのお花屋さんで、
黄色いバラを買いました。
撮影用の枝やりんごを買ったことはあったけれど、
自分用の花をここで買うのは初めて。


image-20130217083741.png


花には興味はありつつも、
日常的に買う、という習慣はなかなかつかなかったのに
花屋さんに吸い込まれるように入って、どれにしよう、と真剣に迷ったりして
それも引っ越し効果なのかも、と思ったりします。

引っ越してから、お友だちが来やすいうちになったようで
週末になると、娘の友だちがばらばらとやって来てにぎやかになるのも嬉しい。
今日は、冷凍庫にあったスポンジケーキと黄桃缶でショートケーキを。



image-20130217210955.png



庭にはまだ霜柱が立つような寒さですが、
確実に春の足音を感じるこの季節、
黄色いものに無性に惹かれます。



posted by しょうこ at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

雪の日



昨日、東京はすごーい雪でした。
一昨年、日帰り予定で徳島に行ったものの、大雪で到着できず
伊丹空港から新大阪→岡山→高松→徳島と旅した
長い一日のことを思い出しました。
http://oyako-gohan.seesaa.net/article/186528769.html

このところの東京は、一年おきに大雪が降っているような気がします。
そんなことを思い出していたのか、ほんの4日ほど前に雪かきシャベルを買ってきた夫、
素晴らしいカンだったと言わざるを得ませんです。

一昨年、わたしが帰らなかった2月14日に夫と娘で入った雪入り風呂、
今年は夫と子どもたちの三人で楽しみました。
こちら、雪のピラミッドだそうです(息子作)。

image-20130114211048.png


徳島に行った日の日記を読み返すと、

 帰宅して、徳島の雪の話、ごはんの話などなど、いろいろなお土産話をしましたが、
 「アンパンマンれっしゃ」のところに行った、とは
 とても息子には言えませんでした。
 どんな騒ぎになるか、想像しただけでめんどくさいもん……。

 いつか、本当のアンパンマンれっしゃに乗せてあげたいけれど、
 いつかいつか、といううちあっという間に、
 アンパンマンれっしゃなんて喜んでもくれない年になるんだろうなあ。
 思いついたことは、すぐにしないとね。


という文が。

まさに、入学目前のいま、もうアンパンマン列車なんて喜ぶ歳ではなくなってしまい、
もちろん、この二年間に四国に行く機会は持てませんでした。
大人にとっては一ヶ月、一年はあっという間でも、
その時間に子どもは驚くほど成長してしまう。
のんびりケガなんてしてる場合じゃないぞ、わたし。

とりあえず、一日も早くケガを治すべく、
積雪のなかの保育園登園は諦めて、息子と開店休業な一日を過ごしております。

管理栄養士の友人に
「早く治すには、皮つきの鶏肉と、魚を骨ごと食べるように」
との食事指導も受けたので、昨日はあじの丸干しの素揚げ。
今日は来月の料理教室(大船の住宅展示場に出張いたします)で作る予定の
花椒チキンにしようっと。手羽先をモリモリ食べますよ!


image-20130115152530.png



posted by しょうこ at 00:00| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

新年初転び




先日キッシュの納品途中、時間つぶしに入ったマックで
100円コーヒーを乗せたトレイと
キッシュ2台の入ったバッグと、
本やらポメラやら詰めた重いバッグとを持って
ヨロヨロぼーっと階段を上っていたところつまづき、
膝のお皿をしたたか打ってしまいました。がっつり包帯生活です。
体が不自由ってほんとに不便なんだなあ、と体験して初めて実感しております。

「で、キッシュもぐしゃぐしゃ!?」
と夫には報告直後に聞かれましたが、みごとキッシュは無事。
なにごともなかった顔をしてシャルトリューズカフェに納品してまいりました。

保育園で昨年、松葉杖のお母さんを3人見かけ、みなさん
「子どもをかばってケガをした」
とのことで、美しい話だなあ、と思っていたのですが、
キッシュを守ったわたしも偉かったよ?! 
と自分で自分を褒めてあげときます。
そもそもそれを持ってマックに寄ってよたよた階段上ってるのが悪いんでないの、
というツッコミはこの際おいといて。


マジメな話、この年でハンパにケガをすると後々響く、
と周りを見て知っているだけに、実はドキドキ。
新年早々であれですが、開店休業でじっくり治しておこうと思っています。

現にこの話をすると
「実は子どもと遊んで公園で捻挫して3ヶ月も治らない」とか
「股関節がずっと痛いけど、ホルモンバランスのせいと言われて治らない」とか
「ぎっくり腰治療中」とか
同世代の女性たちから、出るわ出るわ。
みなさん、骨折とかでない限り、ついつい動いてしまうようで
それが長引く原因になっているようなのです。
お互い、なるべくゆっくり治しましょう。


そんなときにアメリカのお土産でやってきた、See'sのキャンディ。

iphone/image-20130113230410.png

カリフォルニアのチョコレート屋さん。
NY在住の友人が、LA周りで帰国したのですが、
「懐かしいだろうと思って」
と買ってきてくれたのです。
嬉しい!
青山にも店舗がありますが、そこでは実は買ったことありません。
同じものであっても、やっぱりアメリカから来たもののありがたみは別もの。
ましてや、わざわざ選んできてくれたものの美味しさは格別です。
本当にありがとう。
おばちゃんぽいケガでちょっと落ち込んでましたが、元気出ました。


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

クリスマス2012


すっかり年の瀬ですが、いまさら今年のクリスマスを。

やっぱり今年も丸鶏を焼いてしまいました。
それに試作品のローストビーフもついて、
えらい豪華なクリスマスディナーになりましたよ。

2012xmas.jpg

 ローストチキン、ポテトとしいたけのグリル添え
 ローストビーフ ベビーリーフ添え
 さつまいものキャセロール
 ピラフ
 カジキと野菜のグリル
 (↑前日のクリスマスパーティ@池ノ上ボンジョリーナから夫と子どもが持ち帰ったもの)
            


ローストチキンは、皮と身の間に、
バジル、ローズマリー、タイム、パセリと混ぜたバターを押し込むのがポイント。
鶏は大好きではないわたしでも、美味しくいただけます。
昨年とほぼ同じでしたが、昨年も鶏が苦手な人にも好評でした。
昨年のブログを見たら、レシピを載っけていました。
今年はこのレシピのマリネ手順を割愛し、ハーブの種類を増やして作っております。

http://oyako-gohan.seesaa.net/article/242742380.html


お腹の中には、にんにく、タマネギ、ニンジン、パン、タイムを入れた
シンプルなスタッフィングを入れて。
スタッフィングって結局あまり食べないのですが、
入れた方がきれいに焼けると信じているんです。
ピラフを別につけたのですが、それを詰めて焼いてもよかったなあ。



ケーキは子どもたちでデコレーション。

2009年のクリスマスからは
http://oyako-gohan.seesaa.net/article/136624910.html

手作りケーキ.jpg


こんなにグレードアップしました。

xmascake2012.jpg

驚くほどの腕前になっていて、わたしの出る幕なし!
真ん中のいちごは、クリスマスツリーだそうです。
ちょっと見えづらいですが、その陰にサンタさんが立っています。


こうして毎年の記録が増えていくのも楽しいですよね。
このごろ、5年日記とか10年日記とかをつけてみたい衝動にかられています。
わたしの三日坊主っぷりからすると、そうそう続くとは思えず、
なかなか購入に踏み切れずにおりますが。

そんなもの書けるならもっとマメにブログを……という声が聞こえてくるようです。
はい。来年こそは頑張ります。
来年もおつきあいいただけますと嬉しいです。


と、年の瀬のご挨拶にしようかと思いましたが、
昨年のクリスマスブログを見ていたら、グリーンライスについて書く、
と書いたっきり放置していたことに気づいてしまったので、またのちほど!


posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

引越します。



今週、わが家は引越です。

息子を妊娠中の6年ちょっと前、
身重で子どもを電車で保育園に往復させながら通うのに疲れ切り、
どうしても駅近に住みたい! と見つけたいまの家。
ちょうど「働くおうちの親子ごはん」を企画中の時期でもあり、
少しでも料理撮影に向いた家に、という思いもありました。

そこで息子は生まれて、娘は幼稚園に入り小学校にも入り、
途中、もっと広い家に越したい、と遠くを探したりした時期もあったものの
結果的に、この場所を気に入ったわたしのわがままで、
今回も同じマンション内で引越をすることになりました。

住環境はほとんど変えないまま。
「え〜、同じマンション内で引っ越すの?」
と友人たちには笑われたりもしております。
働きながら絵も描きたい夫のために、
ほんとはもっともっと広い家を探すべきだった、という後悔はいまでもありますが
環境を変えたくない子どもたちのためにもこれでよかったのかなあ、
なんて自分に言い訳したりしながら、
気持ちがあっちに向きこっちに向きの引越準備中です。


間違いなくよかったのは、子どもたちの環境が変わらないこと。
週末に遊びに来るお友だちと、引越でばたつく今の家と新しい家とを
行ったり来たりして遊んでいるところを見ると、
なんとも平和な引越風景です。

が、ネガティブ思考の娘はそれでも「引っ越したくない。いまの家が好き」と泣き出し
ポジティブな息子に「でもお隣だよ? 庭から今のおうちのなか、見たらいいよ」
と慰められているありさま。
(注・よその人が越してきたうちを、庭から覗いちゃいけません)
どれだけ近くても、環境は同じでも、やっぱり家との別れは淋しいんですよね。

料理撮影もしやすいようにキッチンまで含めてリノベーション工事もしてしまったので、
もっともっともっと、いろいろ広げていけるよう真摯に取り組まねば。
と思いを新たにしております。
それが結局、夫の活動のため、
子どもたちのためにもなると信じて。

というわけで、10年間ロクに読まなかった本、
6年間一度も着なかったけれど捨てられなかったワンピースなどなどを
処分するべく、小さな決断を一所懸命繰り返しております。
引越って、荷物を運ぶなどの身体的な労力よりも、
その決断や判断の繰り返しで疲れるんですね。はあ。
荷物を持ちすぎると、目に入るものが多くて気が散るし、余計な労力が増える、
ということを身を持って感じています。

もっともっと身軽になるよう、頑張ろうっと。
せっかくのチャンス、本気でやるぞ。
絶対やるぞ! もっともっとやるぞ!!
(←つまり、まったくものが減らせてません・・・・・・引越、もう明後日なのに!)






posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

ハロウィンごはん会



5月のイースターごはん、8月のカリフォルニアごはんに続き
代官山カフェ『山羊に、聞く?』でのアメリカごはん会第三弾
いよいよ真打ちとも言うべき
「ハロウィンごはんを楽しむ会」のお知らせです。


image-20121016113014.png
Photo by Noriko Matsumoto, Styling by Chiho Machiyama

10月のハロウィンを皮切りに、11月のサンクスギビング、12月のクリスマスまで、
アメリカでは怒濤のホリデーシーズンに入ります。
きのこに栗、ワイルドライス。
秋の恵みをいっぱいに楽しめるメニューを、井澤シェフと考えました。


 マッシュルームクリームスープ
 バッファローウィング 生野菜スティック添え
 ワイルドライスときのこ、かぼちゃのサラダ 
 ローストビーフ フルーツ添え
 栗のニョッキ
 かぼちゃスイーツ



ご予約は、
tel:03-6809-0584(15:00〜23:00)
mail:info@yagiii.com
まで。

毎回飲んで食べて、楽しい会です。
お誘い合わせの上ぜひぜひ遊びにいらしてくださいね。
もちろん、おひとりも大歓迎でーす!
お待ちしております。


********************************

「ハロウィンごはんを楽しむ会」@山羊に、聞く?


<日時> 10月26日(金)19時オープン、20時スタート

<場所>「山羊に、聞く?」
   東京都渋谷区代官山町 20-20 モンシェリー代官山 B1F
   代官山駅正面口から徒歩30秒! 右斜め前に直進。
   右側2軒目のビル地下1階
   http://yagiii.com/popup_map.html

<会費> 3,500円(コースお食事、ウェルカムドリンクつき)
    当日 4,000円

<電話> 03-6809-0584 http://yagiii.com/?p=6460


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

my誕生日2012



誕生日でした。

なにをしようかいろいろ考えたものの、
結局、流れで子どもたちとJR東日本のポケモンスタンプラリーに。

image-20120820003224.png


娘が年長のときに行って以来3年ぶり。
そのときには2歳、途中から「だっこ〜」となり、
ひたすら抱えて電車に乗ったり降りたりしなくちゃいけなかった息子が、
「ポケモンの、行きたい」と言い出しまして。
年長ってちょうどポケモンに目覚める年頃なんでしょうか。

3年前には、横浜や八王子、土浦までの広い範囲に50カ所近くもスタンプ駅が点在した
かなり気合いの入ったスタンプラリーだったと記憶してますが
今年のものは、6カ所でひとまずゴール。
最大でも12カ所、都内のみ、という非常に省エネなプランに。

おかげで、3年前には午前からひたすら各駅で降りてスタンプを押しても、
ようやく山手線半周と山手線内の中央線くらいしか1日では回れなかったのが
今年は午後2時にスタートしても、4時半でとりあえずはゴール。
前回には、たいへんなお荷物だった息子もしっかり自分で歩き、
疲れすぎない快適なスタンプラリーでありました。
まあ、立派に成長してくれた息子さまが、
ホームで踊ったり走ったりするのを叱ったり
電車のなかで娘を煽っていちいちケンカになるのを止めたり、
3年前よりむしろ、別の意味での疲労は増しましたが・・・・・・。

以前よりラクだったとはいえ、この猛暑の中、
電車を降りて改札を出てスタンプを押し
またホームに上がって電車に乗って、という繰り返しで疲労困憊。
ヨロヨロと帰宅したところ、夫が晩ごはんを作っていてくれました。

image-20120820003244.png

冷たいじゃがいもスープにサラダ
チーズとパテ盛り合わせ
ポークソテー

そしてケーキ。

image-20120820003257.png

ありがとう。
今年も無事にひとつ、歳をとりました。
このまま楽しく、毎日を過ごしながら歳を重ねていけますように。


posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。