2013年02月24日

いかなごのくぎ煮



image-20130223031409.png

昨日の晩ごはん。

 べか菜とホタテのアーモンドミルク煮
 モロッコいんげん、カラーピーマンのカラフルきんぴら

 あとは、高菜と豆腐のスープ
 福豆ごはん


これを見た息子、

「にく〜。それか、たまご〜」

という見事な肉食5歳児発言。
「今日はない!」
と一蹴しても

「じゃあ、ベーコンはないの〜?」


しつこいんで、ごはんに「いかなごのくぎ煮」をのせたところ

「やっぱり、これでいい〜」

とご満悦。ふっ、ちょろいもんよ。


2年前の地震後、二週間ほどを関西で過ごした息子は
そこで出会った「いかなごのくぎ煮」が大好物です。
「いかなごのくぎ煮」、ご存知ですか?

http://kobe.travel.coocan.jp/knowledge/ikanago.htm


関西の春の味、瀬戸内海の春の味で、
3〜4月だけに採れる「いかなご」を佃煮にしたもの。
3月の関西では、スーパーで普通に生のいかなごが「くぎ煮」用として売られています。
(このいかなごは、先月の関西出張中に空港で購入。たぶん昨年産)

image-20130223034234.png


2年前、なにより驚いたのは、郵便局でゆうパックのラベルの内容物表記のところに

「いかなごのくぎ煮」

と印字されていたこと!

お母さんたちが、いかなごを自宅で煮て、
遠方の親戚や子どもたちに送りまくるんでしょうね〜。

郵便局には当然、

「いかなごを送るなら郵便局で」

みたいなノボリも立っています。
で、ゆうパックのラベルは
「いかなごのくぎ煮」
を大きく丸で囲むだけで送れるようになっているわけです。
これには感動しました。

水揚げの港町ならまだしも、
宝塚のごく普通の住宅地にある郵便局のゆうパックラベルが
「いかなごのくぎ煮」
なんですから。

関西育ちで、「いかなごのくぎ煮」はよくよく知っていたつもりでしたが、
「いかなごのくぎ煮」の本当の重要度をわたしはわかっていなかった……!
と、なんだか負けた気になった記憶が、この季節になると蘇ります。

なんて日記を書いていたらですね、なんと昨日はいかなごの解禁日だったらしいですよ!
きっと、おばちゃんたちは何キロもいかなご買ってるんだろうなー。



posted by しょうこ at 08:00| Comment(1) | 食材の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 履歴書を書く at 2013年12月26日 12:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。