2012年12月05日

『トウガラシの叫び』



ようやく発売になります。
トウガラシと環境についての紀行本を翻訳しました。

558905_561467053868905_614819357_n.jpg


『トウガラシの叫び: 〈食の危機〉最前線をゆく』
カート・マイケル・フリーズ 、クレイグ・クラフト、ゲイリー・ポール・ナバーン(著)
田内しょうこ(翻訳)
(春秋社)
http://www.amazon.co.jp/dp/4393741528

「え、トウガラシと環境?!」とたいてい聞き返されます。
わたしも初めはびっくりしました。
トウガラシの美味しさ、トウガラシを巡るアメリカ大陸食文化の多様さ、
美味しい話、楽しい話の陰に、
そろそろ日本も他人事ではなくなってきた急激な気候変動の現状が詰まった、
とても面白い本です。

機会があれば、ぜひ見てみて下さいね。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | お仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

クリスマス2012


すっかり年の瀬ですが、いまさら今年のクリスマスを。

やっぱり今年も丸鶏を焼いてしまいました。
それに試作品のローストビーフもついて、
えらい豪華なクリスマスディナーになりましたよ。

2012xmas.jpg

 ローストチキン、ポテトとしいたけのグリル添え
 ローストビーフ ベビーリーフ添え
 さつまいものキャセロール
 ピラフ
 カジキと野菜のグリル
 (↑前日のクリスマスパーティ@池ノ上ボンジョリーナから夫と子どもが持ち帰ったもの)
            


ローストチキンは、皮と身の間に、
バジル、ローズマリー、タイム、パセリと混ぜたバターを押し込むのがポイント。
鶏は大好きではないわたしでも、美味しくいただけます。
昨年とほぼ同じでしたが、昨年も鶏が苦手な人にも好評でした。
昨年のブログを見たら、レシピを載っけていました。
今年はこのレシピのマリネ手順を割愛し、ハーブの種類を増やして作っております。

http://oyako-gohan.seesaa.net/article/242742380.html


お腹の中には、にんにく、タマネギ、ニンジン、パン、タイムを入れた
シンプルなスタッフィングを入れて。
スタッフィングって結局あまり食べないのですが、
入れた方がきれいに焼けると信じているんです。
ピラフを別につけたのですが、それを詰めて焼いてもよかったなあ。



ケーキは子どもたちでデコレーション。

2009年のクリスマスからは
http://oyako-gohan.seesaa.net/article/136624910.html

手作りケーキ.jpg


こんなにグレードアップしました。

xmascake2012.jpg

驚くほどの腕前になっていて、わたしの出る幕なし!
真ん中のいちごは、クリスマスツリーだそうです。
ちょっと見えづらいですが、その陰にサンタさんが立っています。


こうして毎年の記録が増えていくのも楽しいですよね。
このごろ、5年日記とか10年日記とかをつけてみたい衝動にかられています。
わたしの三日坊主っぷりからすると、そうそう続くとは思えず、
なかなか購入に踏み切れずにおりますが。

そんなもの書けるならもっとマメにブログを……という声が聞こえてくるようです。
はい。来年こそは頑張ります。
来年もおつきあいいただけますと嬉しいです。


と、年の瀬のご挨拶にしようかと思いましたが、
昨年のクリスマスブログを見ていたら、グリーンライスについて書く、
と書いたっきり放置していたことに気づいてしまったので、またのちほど!


posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。