2012年11月05日

引越します。



今週、わが家は引越です。

息子を妊娠中の6年ちょっと前、
身重で子どもを電車で保育園に往復させながら通うのに疲れ切り、
どうしても駅近に住みたい! と見つけたいまの家。
ちょうど「働くおうちの親子ごはん」を企画中の時期でもあり、
少しでも料理撮影に向いた家に、という思いもありました。

そこで息子は生まれて、娘は幼稚園に入り小学校にも入り、
途中、もっと広い家に越したい、と遠くを探したりした時期もあったものの
結果的に、この場所を気に入ったわたしのわがままで、
今回も同じマンション内で引越をすることになりました。

住環境はほとんど変えないまま。
「え〜、同じマンション内で引っ越すの?」
と友人たちには笑われたりもしております。
働きながら絵も描きたい夫のために、
ほんとはもっともっと広い家を探すべきだった、という後悔はいまでもありますが
環境を変えたくない子どもたちのためにもこれでよかったのかなあ、
なんて自分に言い訳したりしながら、
気持ちがあっちに向きこっちに向きの引越準備中です。


間違いなくよかったのは、子どもたちの環境が変わらないこと。
週末に遊びに来るお友だちと、引越でばたつく今の家と新しい家とを
行ったり来たりして遊んでいるところを見ると、
なんとも平和な引越風景です。

が、ネガティブ思考の娘はそれでも「引っ越したくない。いまの家が好き」と泣き出し
ポジティブな息子に「でもお隣だよ? 庭から今のおうちのなか、見たらいいよ」
と慰められているありさま。
(注・よその人が越してきたうちを、庭から覗いちゃいけません)
どれだけ近くても、環境は同じでも、やっぱり家との別れは淋しいんですよね。

料理撮影もしやすいようにキッチンまで含めてリノベーション工事もしてしまったので、
もっともっともっと、いろいろ広げていけるよう真摯に取り組まねば。
と思いを新たにしております。
それが結局、夫の活動のため、
子どもたちのためにもなると信じて。

というわけで、10年間ロクに読まなかった本、
6年間一度も着なかったけれど捨てられなかったワンピースなどなどを
処分するべく、小さな決断を一所懸命繰り返しております。
引越って、荷物を運ぶなどの身体的な労力よりも、
その決断や判断の繰り返しで疲れるんですね。はあ。
荷物を持ちすぎると、目に入るものが多くて気が散るし、余計な労力が増える、
ということを身を持って感じています。

もっともっと身軽になるよう、頑張ろうっと。
せっかくのチャンス、本気でやるぞ。
絶対やるぞ! もっともっとやるぞ!!
(←つまり、まったくものが減らせてません・・・・・・引越、もう明後日なのに!)






posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

もっと楽しむタカラヅカ



引越も無事終わり、片づけにいそしむ毎日です。

さて。
引越の前日のことですが。
フリージャーナリスト、中本千晶さんが講師をつとめる
「もっと楽しむ! タカラヅカvol.2『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』編」
に参加させて頂きました。
NHK文化センター青山の企画で、
タカラヅカについての講座を聞き一緒に観劇しましょう、という楽しい講座。
そちらに「公演にちなんだお菓子を」とお招きいただきました。

作ったのはこちら。
ケルシーのケーキです。


image-20121113121202.png


ケルシーってご存じですか?
緑色の大きなスモモで、日本ではめったに見かけないレアな品種。
それが『銀河英雄伝説』の舞台には登場するのです。


『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』は東京宝塚劇場で11月18日まで公演中の宙組公演。
元々『銀河英雄伝説』は田中芳樹氏原作の壮大なスペースオペラです。
1982年に第一巻が刊行され、総売上1500万部以上という大ベストセラー。
その後、アニメにもマンガにもなって今年で30周年。
昨年から、記念で舞台化も相次いでいるのだとか。
今回ついに宝塚でも上演することになり、
『銀河英雄伝説』の原作ファンも巻き込み、話題になっているのですが。

わたしは、年齢的にはモロに銀英伝世代なのですが、
残念なことにまったく読んでおらず、今回初めて読みました。
東京創元文庫10巻+外伝5巻の全15冊。
これが本当に面白いんです!
なぜわたしは中学の頃にこれを読んでいなかったのか・・・・・・
と30年越しに後悔するくらい面白い。
未読の方はぜひぜひぜひ!


で、この講座でスイーツを、というお話をいただいたのが8月。
原作に登場する「巴旦杏のケーキ」を作ろう、と考えていたところ
実際の舞台が始まると、「巴旦杏のケーキ」は
「ケルシーのケーキ」となってクローズアップされていました。
(ファンによると、アニメになった段階で「ケルシーのケーキ」になっていたそうです。
「巴旦杏(はたんきょう)のケーキ」というほうが
ロマンがあってわたしは好きですけれど!)

レシピを作るにあたり、調べてみると
「巴旦杏」とは、「スモモ、またはアーモンド」と書かれています。

スモモ、またはアーモンド?

と、スモモとアーモンドの関係についても面白い話があるのですが、
長くなるので、それはまた別エントリーで。


ただでさえ栽培量も収量も少ないレアなスモモ、
ケルシーが出回るのは、9月のほんの一瞬。
そこで買い集め、11月まで持たせるべく甘く煮詰めておきました。
たっぷりアーモンドプードルを入れたバターケーキにその果実を焼き込み、
果実を煮たシロップを染み込ませて作ったのが
今日の「ケルシーのケーキ」。
見た目は地味ですが、ケルシーの甘酸っぱい香りが広がるケーキに仕上がりました。
受講者のみなさんにも喜んでいただき、嬉しい限りです。


「もっと楽しむ! タカラヅカ」は大好評で、
第三弾の「ベルサイユのばら」編も決定しているのだとか。
3月10日(日)だそうです。
ベルばらのスイーツってなにがよいのかしら、
といまから頭を悩ませております。
宝塚デビューしてみたいわ、という方、この機会にいかがですか!?


最近、めっきりスイーツ活動に傾いているわたくし。
こういうお菓子の機会をいただけるのは、
まったく料理研究家スイーツ愛好家そして宝塚ファン冥利につきます。
本当にありがとうございます!








posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | お仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

0歳からやっておきたい教育



日本経済新聞出版社刊
『ducare』という子ども教育雑誌の別冊
0歳からやっておきたい教育 vol.3


image-20121116161849.png


「子どもと楽しく作る簡単ヘルシーレシピ」というタイトルで、
包む、混ぜる、すりばちでつぶす、焼く、など
子どもが好きな作業を取り入れた4つのレシピをご紹介しています。
書店で見かけたら、ぜひご覧下さいませ。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | お仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

大根掘り



娘、学校で大根掘りに行きました。

本来、大根はあまり好きではない娘。
せっかくとった大根は精いっぱい美味しく食べてもらいたい!
と、牛バラブロック肉と昆布で豪華に煮込んでみましたよ。


image-20121123044121.png


「大根、美味しい〜!」
と、あっという間に完食。

離乳食のころ、主食は大根、と言われるほど
大根好きだった息子はさぞ喜ぶだろうと思いきや、
「お肉、おかわり〜」
「お肉〜、おかわりはお肉だけ!」

ま、大根も器に入れれば、文句いいつつ食べるんですけどね。
野菜よりも肉が好き、と主張したいお年頃のようです。



頭から10センチほどはサラダに。

image-20121123044143.png

カニかまぼこと和えただけの簡単サラダ。
ですが、これも
「大根、美味しい〜!」
とおかわり。

自分で掘ったものの美味しさは格別なんですね、やっぱり。
掘った当日のとりたてを食べた、というのも美味しさのポイント。

とすると。
自分で畑を作って、いろいろな野菜を収穫し、
朝採りの新鮮な状態で食べるようになれば、
子どもの好き嫌いってなくなるんでしょうか?

畑を作ってる方、
「子どもの好き嫌いなくなったよ」
というお話あれば、ぜひ教えて下さいませ。



葉っぱはお約束の炒り煮に。
ごまをかけて、納豆と一緒にいただきます。


image-20121127122730.png


とれたての大根は本当に美味しかった!
わたしもますます、大根が好きになりました。
日頃、無農薬だ有機だ、と栽培法ばかりを気にしがちなのですが
新鮮さに勝る美味しさはないなあ、とあらためて考え直してしまいます。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 食材の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。