2011年11月01日

日本人の腸に適した食生活とは


先日書いた

「日本人の腸には、野菜と近海の魚をメインにした食生活でないと」

というお話ですが。


よく言われていることではありますが、
元来、日本人は欧米人に比べても腸が長い。
穀類と野菜を食べることに適した身体だと言われています。
乳製品や肉をメインに食べる欧米は、日本人よりも腸が短く、
食物を消化吸収するのにも時間をかけずにすむ。
かたや日本人は腸の中での食物滞在時間が長いため、
乳製品や肉をとりすぎると、体内で腐敗しやすいのだとか。

乳製品や肉類はあまり食べないほうがいい、という主義のひとたちがいるのも
そういう根拠があるらしいのです。

食物繊維をしっかりとろう、というのも同様の理由。
お通じをよくするため、と言いますが、
長い腸を消化物が通っていく間に水分を腸壁に吸収されすぎるのが便秘のもとなので
そうならないよう、水分をしっかり取り込んだまま腸内にいられる
食物繊維をとることが必要なんですね。


もともと、日本では米と穀類を中心として
野菜や野草、近海で取れる魚を少し食べる食生活だったはず。
(一部の山の民は、鳥や獣も食べていただろうとは思うのですが……)
そういう食環境だったから腸が長くなったのか、
腸が長いからそういう食環境だったのか、
いずれにしても、日本人には体質的に穀類+野菜+魚の食生活が合っている、
というお話を、雑誌の取材でお聞きしたのです。


その雑誌が、これ。


51ZyE4H-NIL._SL500_AA300_.jpg


ペンの別冊「Pen+」シリーズで出た
漢方とは何か?』

漢方がききやすい身体を作るために、
食生活をどう改善すればよいか、というお話を
日大医学部付属板橋病院、東洋医学科の上田ゆき子先生にお聞きし、
それに基づいた男性にも作れる簡単料理をご紹介しました。

漢方って、よく聞く言葉です。
なんとなく、中国のものだって思ってませんか?
中国由来には違いないのですが、日本でいま、わたしたちが手にすることができる漢方薬は
日本で独自に発達したものが多いそうなのです。それもびっくり。
最近は、普通の病院でも薬として漢方薬を処方してくれるところが増えたらしく、
それをもっと知って、体質改善、生活改善をしよう、という特集号です。

書店で見かけたら、ぜひ見てみて下さいね。


10月から、いちどひいた風邪がすっきりせず、
だらだらと体力が落ちて、弱っている実感があるわたし。
漢方薬でも処方してもらおうかな、と見本誌見ながら思ってます。
撮影当初には、最近元気だし漢方薬はまだいっかな。くらいに思っていたのに
必要なときに必要なものが来るもんですねえ……。


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | お仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

プーさんのケーキ


先週末、ABCクッキングの大きなイベントがありました。

そこに置かれた『くまのプーさん 100エーカーの森のクッキングBOOK』のブースで
キャロットケーキのレシピを配ったり、ゲームで遊んでもらったりしたそうなのですが。

「そこに飾りたいので」と頼まれて作ったキャロットケーキ、
ディズニーのデザイナー氏のスゴ技でこんなかわいくなってました!
もう終わってしまったイベントなのですが、あまりにすごいので
写真をお見せしますね〜。


imagepooh.jpg


このプーさんたち、デザイナー氏お手製のマジパン細工なんです。
すごい!


ちなみに、制作途中をみせていただいたのですが


写真.JPG


こんなに本格的なんです。
この勢いで、ゲームのラフなんかもすべて書いて
あのゲームはできあがっているわけですね〜。

http://www.disneygames.jp/gamesoft_special/PoohDS/play/
(物語をひとつ、見ることができます)

あらためて、デザイナーさんてすごいです。


ちなみに
プーさんDS撮影に使った、このかぼちゃも彼のお手製。


201102101334000.jpg



ここまで自分で手を動かすデザイナーさんは珍しいかもしれませんね。
撮影のときには、撮影小物の靴下を塗ったり、タコを作ったり
にんじんを削ってオウルの鼻を作ったり、
とそれはそれは楽しそうで、
料理を考えたり作ったりするわたしたちも、
非常に刺激を受けたというか、モチベーションが上がったものでした。


実のところ、DSソフト自体はもうあまり発売されず、
ゲームハードとしてもDSはやや終焉に近づいているという見方もあるようですが、
仮に形は変わったとしても、このプーさんのゲームとお料理は
長く残っていってくれるといいなあ、と思うのですけれど。






posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | お仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

ジミベン2



最近のジミベン。

とはいっても、ビミョーに肉が増えたりしてます。

義弟に(間接的に、ですが)
「おれ、あのお弁当だとツライなあ……」
と言われたり(30代男子としては、ある意味正しい)
一家で次々と風邪を引き、しかも今年はかなり重く長引き
「もしかして粗食のせい……!?」
と自信がなくなってきたり、で。

あとね、肉焼いた〜! のせた〜!!
っていうお弁当は実はジミベンよりラクなので、
体調の悪いときには、助かったりします。


b111025.jpg
 小松菜とニンジンのきんぴら
 海苔入り卵焼き
 牛肉とニラ炒め
 かまぼこ

 ごはん
(昆布、しそ味噌、梅干し
 大根の甘酢漬け)


b111026.jpg

 
 里芋ごはん 
 切干大根入り卵焼き
 かまぼこ
 かぼちゃ煮
 大根 甘酢漬け







b111027.jpg


 鶏のコンフィと
  赤ピーマン、オクラのマリネ
 牛肉とごぼうのしぐれ煮
 さつまいものきんとん
 ごはん+梅干し


b111028.jpg


 梅干しと青打ち豆の炊きこみごはん
 中華風肉豆腐
 卵焼き
 かまぼこ
 金時豆の甘煮







b111102.jpg


 牛肉と小松菜炒め 金時豆入り
 かぼちゃ煮
 ひき肉とニラのオムレツ
 五穀ごはん+梅干し、昆布








b111104.jpg
 この日はドーン! すき焼き風弁当。

 牛のすき焼き風焼き
 目玉焼き
 ほうれんそうゴマ和え
 金時豆の甘煮




b111107.jpg

 体調が回復、試作品がいっぱい弁当

  ひじきと牛肉のおばんざい風
  ブロッコリーのゴマびたし
  煮豚ともやし、ニラ炒め
  大根皮とニンジンのきんぴら
  鮭の焼きびたし
  ごはん(梅干し、昆布)

b111108.jpg


 塩豚ステーキ弁当
  塩豚の黒こしょうステーキ
   ガーリックチップ添え
  ひじき入り卵焼き
  きゅうり塩もみ



posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | お弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

田内万里夫展 in 下北沢



さて。
お知らせです。

直前のお知らせになってしまいましたが、
今週11日(金)から
田内万里夫の展示が始まります。
今回は絵本作家/アーティストの池谷剛一(いけやよしかず)さんとの二人展。


今回は会場がとってもユニーク!

下北沢の邸宅の一室を使っての期間限定ギャラリー(2012年1月までの予定だそう)。
展示時間も金曜の晩、土日のみ。
11月11日(金)から12月4日(日)まで、展示は4週間続きます。


photo-stg1.gif


金土日のみの限定ギャラリーですが、
週末に下北沢散歩ついでに、ぜひお立ち寄り下さいませ。


期間中、近くのバーを借りて
臨時カフェなども開こうかと画策中。
こちらの詳細は、決まったらまたお知らせしますね。



*****************************************

池谷剛一/田内万里夫 二人展(仮題)

会期:2011年11月11日(金)〜12月4日(日) 
開廊日:金・土・日
時間:金曜日 19:00〜21:00 土、日曜日 14:00〜20:00
料金:無料 

会場:Super TakiSun gallery
   http://supertakisun.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
     
住所:東京都世田谷区代沢 5-26-16 応接室

お問い合わせ:s.takisun@gmail.com

交通:小田急線、京王井の頭線 下北沢駅より徒歩5分  







posted by しょうこ at 12:00| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

給食試食会。



今日は小学校の給食試食会でした。
わたしの大好きなイベントであります。


今日のメニューは、
五目鶏飯、のっぺい汁、かぼちゃ唐揚げ、菊花みかん。


kyushoku.JPG

地味ですが、ものすごい食品数で、
面倒な里芋などの材料もていねいに調理されているのがわかり、本当にありがたいです。

だしはもちろん、小さなことまで手づくり。
たとえば鮭寿司なら、
鮭を三枚おろし→オーブンで焼く→日本酒をかけて再び焼く→ほぐす
と、鮭フレークから作るのだとか。
うちでは、ほぐした鮭があるから鮭のバラ寿司にするか、とはなりますが
鮭寿司を食べたいから、鮭をほぐすか、にはなかなかならない。
わざわざその手間をかける大変さ、主婦にはよーくわかります。

それだけの手をかけたごはん、いったい何人で作っているのか、と訊ねたところ
娘の学校は子どもと先生合わせて、毎日830食。
それを12人の調理師さんが、朝6時半からの作業で作るそうです。
音楽会の日には、チョコレートケーキの表面に粉砂糖で♪模様を入れたのだとか!
830人分、もちろんすべて手作業で。
その作業の膨大さたるや、想像しただけで頭が下がります。

放射能とか、気になる問題はありますが、
こうして作られた給食を友だちと楽しく食べているなら、
とりあえずそれがいちばんかなあ、とあらためて思いました。




「地味と言うか、ちょっと淋しい内容ね」
「肉とか魚とかのメインのおかずがない」
「薄味ね〜。うちの上の子ならこのごはんに醤油かけちゃうかも」

などなどと言っていた、まわりのお母さんたちも、
「意外にお腹がいっぱいになるね!」
と、いざ食べると食べ応えのある内容にびっくりしていました。


試食会で隣に座っていた幼稚園児は、すべておかわり。
ほんと、美味しかったんです。
肉魚がたりないと淋しいとか、子どもが食べるようにはっきり味で、とかいろいろ
大人の思いこみなのかも知れないなあ、と考えさせられました。


試食会、いろいろ勉強になりました。
学年別に開かれるので、息子が小学校に上がる再来年には、1年に2回になるはず。
2種類の献立が食べられるのかあ。
と、いまからかなり楽しみです! ふふふ。

posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | 食べものの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

曼荼羅グッズ、料理ページデビュー



先日、自宅で雑誌の撮影がありました。

今回はまりお曼荼羅もキッチングッズとして(!)
いくつか登場させていただきました。



写真(9).JPG


そもそものこの企画、
その雑誌の編集長さんが、まりお曼荼羅をとても気に入って下さり、

「ぜひページに登場させよう!」

とご提案下さったのが発端のようなもの。

編集者さん、スタイリストさん、カメラマンさんで知恵を絞り、
手づくり(つまり絵をコピーして巻いただけ)の
キッチンツールスタンドを作って撮影して下さったのでした。



前々から
「曼荼羅モチーフでテーブルウエアやファブリックを作ったら」
とは言われながらも、なかなか着手できずにいたのですが。
いいかも!
今回のこの小物たち、撮影現場では大人気だったんです。


クロスとして登場する写真などもあります。
発売は1月ですが、ぜひご覧くださいね!


クロスはその後、わが家でも活用。
どんな器とも合って、思いのほか便利です。
(雑誌では、スタイリストのまちやまちほさんが
もっと、おっと驚くようなかっこいいスタイリングにして下さってます)


写真(8).JPG


本気で商品化しようかしら?!






posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | お仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

11月2〜3週目のジミベン



11月2〜3週目のジミベン。


風邪で休む子あり、
慌ただしく、手抜きの日あり、
撮影の名残りでごちそうの詰まった日あり、
とわが家のリアリティの詰まった2週間。
地味じゃない日もあったりします。


b111109(2).jpg
 地味の極み。茶色い弁当。
 可愛いクロスでごまかそうとしてます。

  鮭 焼きびたし
  金時豆の甘煮
  ひじきと牛肉炒め煮
  かまぼこ


b111110(2).jpg


 時間なかった弁当

  豚肉のナンプラー焼き
  小松菜炒め
  卵焼き
  金時豆の甘煮






b111111other.jpg


 子どもたち病欠につき、全員弁当体制。
 ややごちそう。

 炒り卵の肉巻き弁当

  ねぎ入り入り卵の肉巻き
  しめじのきんぴら風
  れんこん塩焼き
  水菜とゆで鶏のごま風味サラダ
  かぶ塩もみ

b111111.jpg

 
炒り卵の肉巻き弁当 子ども版

 子どもたち二人とも病欠。
 が、自宅作業があまりにある日で、2人を放置して仕事の日に。
 かわいそうだったので、お弁当にしました。
 
 子どもたちは大喜び!
 さぼりクセがついたらどうしよう!?
 と思うほど、ピクニック大会になったのでした。


b111115.jpg
 大仕事の前の日。
 弁当なんて作ってるヒマあるかい!
 と、ひどい手抜き弁当。
 半分以上、夫が自作しております。

  ひき肉とガーカッパオ風
  目玉焼き、たくあん添え
  かぶ塩焼き
  ねぎ塩焼き



ひと仕事終えて、翌日。
撮影の残りがいっぱい入ったおかずたくさん弁当。
うかれて、弁当ブログ風に撮影してみました☆

b1111172.jpg

 
  豚肉りんご煮 スイートポテト添え
  マッシュポテトの豚肉巻き
  しめじ照り焼き
  ナンプラーチキン なます添え
  ひき肉とタマネギのオムレツ
  チャプチェ風ひじき


b111118.jpg

 まだ撮影の名残りのあるごちそう弁当

  和風ミートローフ
  鮭のチーズ焼き
  青椒肉絲




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | お弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

和風ミートローフ



『働くおうちの親子ごはん』の読者の方からお問い合わせをいただきました。

「P11のミートローフを入れている型はどこのものですか?」

写真(10).JPG


というお問い合わせだったのですが。
発行して4年近くも経つ本に、いまだにお問い合わせをいただくのは
本当にありがたいことだと思っています。

ちなみに、この型は田園調布の「IN MY BASKET」というお店で買ったもの。
ドイツのアルツベルグというメーカーのもの、とお聞きした気がしますが
お店のサイトによると、アルツベルグの商品はもう輸入されていないとのこと。
この器も、買い足しはできないもののようです。残念。

本の撮影直前、スタイリストの宮下肇子さんがオープンされたばかりの「IN MY BASKET」で
「経験値もなくてムリヤリなんですが、料理本を撮影しようと思うんです。
 写真は真上から撮りたいんですけど」
といきなりの相談をしたわたしに、
「料理は俯瞰(真上から撮ること)は難しいですよ。器の形で変化をつけるしかない」
といろいろ探して下さった器のうちのひとつでした。

そうしてムリヤリ撮影した『『働くおうちの親子ごはん』は、
いま見ると
「きゃー! やりなおしたい!!」
と思うような盛りつけばかりで、恥ずかしくなりますが、
その分、当時のリアリティには溢れていると思います。
やり直したいものの、いまも新しく買って下さる方があるのだから、と
これから先によりよいクオリティのものを出していくしかないな、とあらためて思います。


さて、件の型はもう買えませんが、
ミートローフは別に陶器の型を使わずとも、ケーキのパウンド型で大丈夫。
100円ショップで売っている18pのパウンド型で十分です。
型がなければ、なまこ型にまとめて焼けばいいわけだし、
つまり形の違うハンバーグなのだから、なんでもOK!
一度にオーブンで焼ける便利さや、かたまりで出す豪華さ、
ハンバーグとはまた違う柔らかい断面がいいんです。

せっかくお問い合わせをいただき、懐かしくなったので、
最近もっぱら盛り皿にしかしていなかったこの型で、ミートローフを作りました。
今日はシャキシャキのれんこんを加えて、味噌で味つけ。
和風ミートローフです。


和風ミートローフ


meatloaf2.jpg


(食べきり 4人分)
合挽肉 300g
タマネギ 小1/2個
れんこん 100g
ピーマン 赤・緑 各2個
食パン(6枚切り) 1枚
卵 1個
塩 小さじ1/4
こしょう 適量
みそ 小さじ1

<ソース> 
ケチャップ 大さじ2
ソース 大さじ2
みそ 小さじ2
水 50cc

1.タマネギは粗みじん、れんこんとピーマンは5mm角程度に切る。食パンはおろし金でおろす。
2.合挽肉に調味料を加えてよく練り混ぜ、卵、野菜、食パンの順に加えてその都度よく混ぜる。
3.ミートローフ型にタネを入れ、200度のオープンで40〜50分焼く。途中焦げるようならアルミホイルを表面にかぶせる。中央に竹串をさし、透明な肉汁が出るようなら焼き上がり。
4.小鍋にソースの材料を入れて煮立たせ、切り分けたミートローフにかける。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

田内万里夫展 会期変更のお知らせ



先日、このブログでもお知らせさせていただきました

『虚像と曼荼羅』
池谷剛一/田内万里夫展


ですが、12月4日までの会期、とお知らせしていたのですが
諸々あり、急きょ26日(土)で終了させていただくことになりました。

27日、12月2、3、4日でのご訪問を予定して下さっていた方々には
ご迷惑をおかけいたします。
本当に申し訳ありません。

次回の予定など、またあらためてお知らせさせていただきたく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。