2010年12月16日

クリスマスのフルーツケーキ



すっかり年末ですね。
今年は11月に手帳を切り替え、すでに新品の手帳をすでに使っているので
まるで年末感がなく、これもこれで問題なのですが。


とはいえ、クリスマスが近いのは実感しています。
ツリーを出して以来、毎日まいにち
「サンタさんにあれもらう、これもらう」
と、子どもたちがうるさいうるさい。
娘なんて、すでに5通はサンタさん宛てのお手紙を書きあげ済み。
内容はほとんど同じなのに。

「筆箱とえんぴつ10本と、消しゴムが欲しいです」

「筆箱とえんぴつ10本と、赤鉛筆1本と、コーラのにおいの消しゴムを下さい」

くらいの微調整して、新しく書くわけです。
内容のつつましさとも相まって、ここまで来ると、きちんと揃えてあげたくなってきます。
何より、筆まめを見習わなくちゃなあ、と感心することしきり。
子どもから学ぶことって多いですね。


というわけで、クリスマスなので、
フルーツケーキを焼きました。
珍しく一日、メール仕事だけにして混ぜたり焼いたり。
スパイスの配合を変えてもう一本作ったり。
とっても楽しかったです。
オーブンから出したり混ぜたり、バタバタしているうちに
最後の一本は、うっかり砂糖を1/4しか入れなかったりしたのもよい思い出ということで……。


fruitscake.jpg


缶に入れてプレゼント用だったり、撮影用だったり、試食用だったり、
いろいろなニーズで、普段の量の3倍分焼いたのに、あっという間になくなってしまいました。
クリスマスまで、寝かせる時間があまりないけれど、
また追加で焼かなくては。
1週間くらいは寝かせたほうが、本当は美味しいのですけどね。


ちなみに、砂糖の量を間違えたケーキは、
シロップを作って全面からしみ込ませる方法でフォロー。
フルーツケーキはお酒入りシロップをしみ込ませて寝かせるのだから、
そのシロップをちょっと多めにすれば無問題。
さすがによそには差し上げられませんが、美味しくおやつにしております。

レシピは、こちら







posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

いまさらですが、クリスマス



なんだか今年は年末感があまりないのですが、
もう仕事納めの時期ですね。
わたしもこれから、今年最後の打ち合わせに行ってまいります。


さて。
先週のクリスマス。
わが家は先週初めに娘にノロがやってきたため、
ケーキはなしの地味クリスマスでした。


しかも当日も忙しかったため、18時に帰宅してからの調理スタート。

普段も帰宅してからのスタートが多く、野菜料理なんてやっていると
結局、時間かかるわりには地味・・・となることが多いのですが

肉焼いた、どん!
魚煮た、どん!

とすると、簡単なわりにはごちそう出た! って感じになるんですね。
ということが、あらためて勉強になったクリスマスでした。


今年のクリスマスメニュー

2010xmas.jpg

ミートローフ(にんじん、ブロッコリー入り)
レンコダイのアクアパッツァ
チャイニーズチキンサラダ
スモークサーモンマリネ



体調の戻りきらない娘は結局、ミートローフ半切れとバゲットを少し食べただけ。
なんとも可哀想なクリスマスになってしまいました。
年末の忙しい時期に体調崩されると、正直キツイのですが
魚を見ても、ミートローフを見ても食欲がわかない様子をみるとちょっと不憫……。

おまけに、一週間遅れで息子も昨日からおなか風邪!
こちらはまだチビのせいか病気の自覚がないので、
具合が悪いのになんでも食べたがり、これはこれでやっぱり不憫……。
子どもは元気でうるさいくらいでいいんだなあ、とあらためて思います。

今日は、すでに昨日に仕事を納めただんなさんと留守番してもらって打ち合わせへ。
2010年も、最後まで慌ただしいなあ……。




クリスマスのアクアパッツァ


タイ、メバルなど白身の魚 中1尾
あさり 200〜300g

プチトマト 1パック →大きければ2つ割りに。
にんにく 1かけ
塩、こしょう 適量
オリーブオイル 大さじ2
白ワイン 50cc
水 100ccくらい
イタリアンパセリ 適量

1.あさりは海水くらいの塩水につけて砂抜きする。魚は塩こしょうし、表面に出た水をふいておく。

2.鍋にオリーブオイルとつぶしたにんにくを入れて弱火にかけ、香りが出たら魚を両面焼く。頭を右にまず入れて焼き、ひっくり返して盛りつけのときの頭が左の状態で煮ていく。

3.強火にしてプチトマト、あさり、白ワインを入れる。

4.煮立ってアルコール分が飛んだら水を加え、再度煮立ったら中火にし、魚の上に枝つきのイタリアンパセリ2〜3枝を置いてフタをする。

5.あさりの口が開き、魚に火が通ったらフタをとってスープを煮つめる。

6.イタリアンパセリを上からかけてできあがり。



※最後に残るスープが美味しいので、パスタを添えるのがおすすめ。
 ペペロンチーノだとさらに美味しい!
 お好みでオリーブを一緒に煮るのも

★今日のわが家のアクアパッツァは、
 あさりのかわりに2p角に切ったじゃがいもを入れています。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。