2010年10月02日

夏の名残りのゴーヤ



おはようございます。

本が出ました、というお知らせで
一日に過去に見たことのないような数のアクセスをいただきました!
みなさん、気にかけてくださっていたんだなあ、と感動しています。
本当にありがとうございます。
今後ともどうぞ、よろしくお願い申しあげます。


ミックス本表紙2.jpg


この本のの発売に合わせたかのように、フィガロ.jpでのスイーツ連載も始まり、
ほかにもお菓子のお仕事をいただき、すっかりお菓子づいております。
ますます体重が気になるまま、食欲の秋に突入です……。


夏から秋へ。
この切り替わりの季節、端境期の野菜って、楽しくて大好きなのです。
最後にとれた不揃いの野菜たち。
これをあれこれ料理して食べるのがね。
長野で畑をやっていた数年間のことを思い出します。


先日、といっても十五夜なのでもう10日も前になってしまいましたが、
お世話になっている編集者さんが、運営されている世田谷古民家でのお月見会に
家族で行ってまいりました。

http://ameblo.jp/kominkamamas/

本当に素敵なふるいおうち。子連れが自然に集えるスペースです。
お近くの方は、ぜひ行ってみてくださいね。


そこでこれまたお世話になっているスタッフの方から、自家栽培のゴーヤをいただきました。
「ご自由にどうぞ」
と置かれていたのにみなさん遠慮されたのか、たくさん残っていたのを
遠慮なく、たーくさん持って帰らせていただきました。
小さいのから大きいのまで、不揃いのゴーヤを5本も!
ひとつなんて、大きくなってすでに黄色かったので、タネまでとれてほくほくです。
来年こそは、ゴーヤを植えよう!

さて、いただいたゴーヤ、いろいろにいただきました。
先日のゴーヤごはんはもちろん、ゴーヤチャンプルー、ゴーヤの天ぷら、
そして、いちばんのヒットが、ゴーヤと鶏肉の炊き合わせ。
わが家の定番、にんにくを入れた鶏モモ肉の照り煮の仕上げに
厚めに切ったゴーヤと入れてさっと煮て仕上げます。
沖縄では、豚肉との炊き合わせはあるようですが、鶏肉でも美味しくできました。

もうゴーヤも終わる季節ですが、名残りを楽しみました。


鶏肉とゴーヤの炊き合わせ

ゴーヤと鶏肉.jpg


鶏モモ肉 1枚
酒 大さじ2
みりん 40cc
醤油  50cc
にんにく 1かけ
ゴーヤ 大1本

1.厚手の鍋に調味料を入れ、鶏肉の皮を下にして中強火にかける。
2.にんにくも入れてふたをして5分ほど煮る。鶏肉の端のほうの色が変わったら裏返し、さらに5分ほど煮る。
3.鶏肉を上下返しながら照りを出すように火を通す。鶏モモ1枚なら15分ほどは煮ます。
4.肉をとりだし、煮汁に縦に2つ割りにし、幅2pほどに切ったゴーヤを入れて3〜4分煮てできあがり。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

『トイストーリー』をみました。



『トイストーリー』をみました。

『トイストーリー3』を観る必要ができたので、
それならば、と1と2もかりてみたのです。

初めてみたのですけど。
トイストーリーって、エライ話だったんですね!
知りませんでした。
おもちゃが動く話、くらいしか知らなかったのですが。

おもちゃが動くわ、おもちゃ同士で会話するわ、
結果、おもちゃ同士の友情も生まれるわ、持ち主との情愛もあるわ、
持ち主に捨てられてトラウマを抱えたおもちゃは出てくるわ、
主人公のおもちゃは大好きな持ち主アンディと、友だちのおもちゃのために奮闘するわ、で。
親はそれなりに感動してみていたのですが。

娘は泣きました。
「かわいそう。おもちゃ、捨てちゃだめだよね」
と言って。

しかも、み終わって、姿が見えないなあ、と思ったら
ぬいぐるみのケースの脇に座りこみ、
放置してすでに2年は経っているぬいぐるみたちをじーっと見つめて。
また泣いてました……。


『トイストーリー』、とってもいい映画です。
おもちゃを大切にしようよ、という話で、
友だちも大切にしようよ、という話で。
CG映画だしなあ、とこれまでスルーしていたのですが、
もっと早くみてもよかったな、と思うくらい。
ひとりで昨日、映画館で観た『トイストーリー3』では、鼻水が出るくらい泣きました。
そして、そんな話をみて「かわいそう」と泣く娘には、
よくそこまで育ってくれた、という気持ちもわきました。


でもね。
ありがたいけど、困るんです。

うちのおもちゃ、これでもう
何ひとつ、捨てられなくなっちゃったじゃないですか。
ものは増える一方だっていうのにっ!


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

新米の季節になりました



食欲の秋、新米の季節ですね。

取り寄せているお米農家さんによると、
本当はお米の味がのってくるのは、収穫してから1ヶ月後くらいからだそう。
本当のとりたての新米は、初物のありがたさはあるけれど、
美味しさを追求するならば、少しおいてから、ということらしいです。

とはいっても、お店で買うお米だと、
「新米」
というマークがついているだけで、刈り入れからどれくらいたっているか、
わかりようもないのですけれど。
いずれにせよ、10月下旬、そろそろ新米の味ものってくるころ。
ますますお米が美味しいです。


わが家の子どもたち、最近になって、
「小麦粉は控えたほうがよい」
という軽度のアレルギーであることがわかりました。
アレルギー体質であることはわかっていたけれど、
卵や牛乳ばかり気にしていて、実は小麦粉はまったくの盲点でした。

わたしも小麦粉大好きで、小麦粉菓子の本まで作り、
お菓子にパンに、うどんにパスタ、とかなりの量の小麦粉を摂取していたのですが、
この数ヶ月、家での小麦粉消費量をうんと落としています。


そうすると。

てきめんにお米の消費量が上がるんですね。
当然といえば当然です。
小麦粉でとっていた炭水化物分を、お米にシフトしているのですから。
米粉で使っている分も含めると、
「一日に玄米四合と 味噌と少しの野菜を食べ」
と宮澤賢治がうたった時代には及ばないものの、
以前に比べると、格段にお米を消費するようになりました。

反対にいうと、朝はパンに、昼はパスタ、と
日本のお米消費量は、戦後60年かけて、こうして落ちて行ったんだなあ、ということを
家庭レベルで実感したのでした。


正直、お米ばかりになると、小麦粉パンも食べたいなあ、と思ったりもするのですが
せっかくの新米の季節くらい、じっくりお米を楽しみたいと思います。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 食べものの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

来年の手帳は買いましたか?



おはようございます。

あっという間に10月も終わり。
ブログも2週間もほってましたね。いま、カレンダーをみてぎょっとしました。
なんというか、毎日が早すぎて、本当についていけていません。
9月10月はなにをしたっけ、と思いだそうとしたけれど、
確実に思い出せるのは、8月末まで。
光陰矢のごとし。
恐ろしいですね〜。


だからこそ。
スケジュール帳が大好きです。
すぐ予定を忘れるし、したことも忘れるから。
予定ツールとしてだけでなく、記録ツールとしても役だっています。

数年前から、バーティカルタイプのスケジュール帳を愛用しています。
去年、独立したときにはいろいろ試したい、と
ほぼ日手帳、ほぼ日手帳カズンと3種類併用したりもしましたが、
やっぱり定番はこれ。
e-womanの佐々木かをりさんプロデュースのアクションプランナーです。

http://eshop.ewoman.jp/ap/

自分の時間が面で見えるのが、最大の利点。
たとえば、来週の水曜までに仕上げなくちゃいけないある仕事、とあった場合、
以前の普通の週間スケジュール帳を使っていたわたしなら、
「今日は月曜だから、あと8日ある!」
と簡単に思っていました。
でも、バーティカルの手帳を使うようになると、
その8日間の間に、ほかの仕事、打ち合わせ、子どもの習い事などあって
実際に数えてみたら、8日間のうち日中で割ける時間は10時間しかない!
なんていうことがわかるようになったのです。

だからといって、予定の時間に効率よく仕事が始められるわけでなく、
エンジンがかかるまでに時間がたくさんかかる性質のわたしは
必ずしも予定通りにきちんと動けているわけではないけれど、
それでも、いま自分には、
「これだけ時間がある/ない」
ということが、視覚でわかるというのは、思った以上に効果的でした。


来年の手帳をそろそろ選ぶ時期。
何にしようかしら、と迷っている方はぜひサイトを見てみて下さいね!

来年のアクションプランナーのすごいところは、11月1日始まりなところ。
毎年、年の瀬には、ただでさえ慌ただしい気持ちになり、
そこに手帳も終わりにさしかかって、ますます慌ただしい気分になっていたのですが、
11月1日に新年度の手帳に変えてしまえば、
少なくとも気分だけは、新たな気持ちで年末を迎えられそうで、
今から楽しみにしているのです。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

手帳だらだらトーク



息子が
「ママみたいでしょ!?」
と嬉しそうに、絵を見せてくれました。


スケジュール2.jpg


○のしたに↓。

手帳の書き込みのマネしてたんですね。
どれだけわたし、手帳を開いて書いて見せてるんだ、って話です。

これ手帳の実物。


スケジュール.jpg


こないだの手帳の話の続きです。


来年はアクションプランナー1本で行く宣言をしたものの、
手帳の売り出しを見ると、ついつい別のものも欲しくなります。
毎年この時期になると、手帳のことでそわそわしてしまうんです。
実用品という枠を超えて、手帳が大好きなんだと思います。
カバーが可愛い! というだけでうっかり買いそうになることも。


『ほぼ日刊イトイ新聞』の「ほぼ日手帳」は、
ビニールカバーの中をいろいろカスタマイズできたり、
毎日好きなようにいろいろなことを書き込める。
あの親密感というか、愛着感というのも
なかなか捨てがたいものがあるのですよね。
紙が薄すぎて、裏移りが激しいのが難点なのですけれど。

http://www.1101.com/store/techo/index.html

と、サイトを見たら、なんとミナペルホネンのオリジナルカバーができてました。
かわいい・・・。欲しい・・・。
けど、こういうムダはだめだめ、と自分に言い聞かせてます。



過去に一度挑戦したものの、いまいち使い切れずに放置した手帳がこれ。
野口悠紀雄さん考案の「『超』整理手帳」。
蛇腹で開くと、2か月分の週間スケジュールを並べてみることができる、というもの。

http://moura.jp/lifeculture/datebook/

ここもですね、ポスタルコのカバーとリフィルとか、気になるものを出してるんです。
イームズのもかわいいです。
ただ、ここの難点は、
A4の紙を4つ折りにしてそのまま挟める、というのが売りらしいのですが、
そのため、角がとがってて、微妙に愛着がわきづらいこと。


いま使っている手帳は、仕事、子ども、とたくさんの予定が交錯していて
その中でどう時間をやりくりするのか、というニーズにはばっちりなのですが、
計画性にいまいち乏しいたちなので、全体の流れを見通すことができる、
月間スケジュールなりで、大きく管理できるページも欲しい、と思っているところ。

メモは取りたい
時間は刻んで書きこみたい
大きな計画表も欲しい

なかなか、そうすべてを満たす手帳はないのですよね。
ある程度は自分でカスタムするしかないのかもしれません。
かと言って、自分で表作ってプリントアウトすればよいか、というと
ペラペラの紙じゃ、いまいち気分が出ない。
気分て大事ですよねえ。

で、その気分て、多分に手触りに左右される部分が大きい。
いまだに、デジタルでのスケジュール管理にはいまいちなじめないことや、
昔、憧れて買ったものの小さすぎ使いづらくなり、3年で放置したエルメスの手帳カバーが
処分できずに引き出しの奥にひっそりと眠っていることも、
アナログな手触りへの心残りなんだろうと思います。



なんて、すでに来年のリフィル買ったんだから、
いつまでも手帳サイトをうろうろしてないで、肝心の仕事をしろよってことですよね!
はい、仕事に戻ります。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

ハロウィンのアートイベント



ハロウィンですね。

3歳の息子ですら
「ハロウィンてかぼちゃなんだよね〜」
っていうくらい、すっかりしっかり日本に定着しているハロウィン。
10年くらい前までは、ハロウィンてなに? という感じだったような。
クリスマスや年末年始までの、ちょうどいい時期のイベントなんでしょうね。

かぼちゃ嫌いの多いわが家でも人気の、
かんたんスイートパンプキンが、今日のフィガロ.jpにアップされました。

http://madamefigaro.jp/sweets/2010/10/12210.html

よかったら、見てみてくださいね。



**************************


さて、急なのですが明日30日、
夫、田内万里夫が八重洲冨士屋ホテルで絵を描きます。

クンスト・オクトーバーフェストというアートイベントの一環。
イーストエンドルート、日本橋ルート、銀座ルートとバスが出て
ギャラリーの間をぐるぐる走るイベントだそうです。
川越の地ビール「COEDO」が飲める、という話も。

http://www.kalons.net/index.php?option=com_content&view=article&id=4062&catid=0&lang=ja

ちょうどバスの日本橋ルートと銀座ルートの乗り換え地点になるのが
八重洲冨士屋ホテル。
そこのエントランスで絵を描くそうなのです。

ちょっと台風が心配ですが、アート好きな方、バスに乗るついでにでも
ちらっとのぞいてみてくださいね。
7時間ずーっと描いてるそうなので、きっと見られると思います!





posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。