2010年07月02日

視覚と言葉と、石田三成



梅雨ですね。
とこないだ書いたとたんに、晴れ続き。
湿気るよりはよいのだけれど、
今年は水が足りるのか〜!? と心配になっちゃいます。


息子もうじき3歳4ヶ月、ようやくおしゃべりになってきました。
なったらなったで、言い訳というか減らず口がすごいのなんの。
イラッとすることも増えたのですが。

「おたんじょうびのケーキ、くまさんのってたんだよね〜?
 それ、そらくんが食べたんだよね〜?」

と、明らかにまだしゃべっていなかった頃のことを
ポロポロと話し始めました。
言葉にして伝えられなかったことも、ひとつひとつきちんと、
記憶として積み重ねてあったんだなあ、としみじみするような、
これまで言いたいことも言えなかったんだなあ、と不憫に思うような。


くまのマジパン飾りがバースデーケーキに乗っていたこと、
それを喜んで食べた自分、かたくて甘かったマジパン、
おめでとう〜! とみんなで歌った歌。


光景と感情と、味の記憶と耳の記憶と、
それがいま、言葉で表現できるようになった彼の頭の中に
どのように再現されて、言葉に変換されて出てきているのか、
その構造には、とっても興味があります。

「くま」と自分では言えないけれど、
みんなが「くま」と呼んでいる動物型のものがケーキに乗っていて、
ああ「くま」だなあ、と思いながら食べていたのか、
美味しかったケーキの記憶が再現された光景のなかに
動物型のお菓子が出てきて「あ、あれはくまだったのか!」なのか。

言葉と、それに頼る思考回路とでできあがっているわたしの脳では、
とても想像しきれないことが起きているのだろうな。


「字を読めないこどもは、絵本を見るとき、
絵の隅々から情報を得て理解している」

と聞いたことがあります。

だとすると、誕生日ケーキのその光景は、
くまの人形からクリームの形から、
わたしの想像のつかないくらい細かいビビッドな映像になって
息子の中には残っているのだろうな、と思います。
で、それを言葉にする方法を覚え始めたんだなあ、ということが
実はいちばん嬉しかったりします。


「百聞は一見に如かず」
というくらいで、見て理解できたこと、
直接触れて感じたことは、なににも勝る。
けれど、それをまた違う語彙なり表現なりに変換していくことも重要。

という過程を学んでいるところなんだなあ、と
また親ばかに過剰な期待をしたところで、
今日は終わりにしておきます!



sokuchonsamsung3.jpg
 

 だんなさんが装画を描いた
 荒山徹先生の新作出ました。

 『石田三成 ソクチョンサムスン』
 講談社 1,995円

 

 なんで石田三成が韓国語読みやねん!
 なんていう突っ込みを許さない、
 怒涛の荒山ワールドです。
 こんな曖昧な表現しかできないくらい、凄い本。
 
 視覚と記憶と言葉と。
 について考えている脳が揺さぶられます。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 子どものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

繰り返せばうまくなる@七夕クッキー



七夕でしたね。

相も変わらず、「給食で七夕のごはん食べてくるから!」
と家で特別なごはんはなし。

代わりに、七夕の星型クッキーを焼きました。
息子はかたくなに、星型ではなく、飛行機型でしたが。


七夕クッキー.jpg


子どもたちで、生地をのばして、型抜きして。

やっぱり繰り返していくとスキルは上がるものですね。
実践と練習あるのみ。
ということを、子どもたちを見ているとあらためて知ります。


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

浅草でパリの地下鉄を思う



暑いですね。
梅雨って明けたんでしょうか?
いつの間にやら、夏休みも近づき「夏!」という空気になってきました。


今日、久しぶりに合羽橋に買いだしに出かけたのですが、
帰り道は田原町を通り越して浅草へ。
いつものように外国からの観光客でごった返す浅草を抜けて地下鉄の駅におりると、
いろいろな香水の匂いが入り混じって、パリの地下鉄のような匂いになっていました。
夏のパリの地下鉄の匂い。
というか、夏のパリしか行ったことないのですけれど。
ああ、バカンスの季節が来たんだなあ。
「暑い暑い」といいながら、「夏が来た」ということが実感できていなかったのです。

地下鉄の匂いが流れ込んできたとたん、
パリで食べたサバのカレー味のソテーとか、公園の鳩とか、セールで買ったイヤリングとか、
いっぺんにいろいろなものを思い出しました。
ふとした香りで蘇る光景や記憶には、いつも驚かされます。


最近、すっかりブログをさぼっております。
というのもですね、急きょ本を一冊作ることになり、来週にその撮影があるのですが、
試作だったり、レシピ起こしだったり、打ち合わせだったり。
なんとなく落ち着かない日々を過ごしています。
レシピが固まらず、なかなか煮詰まっていたのですが、
今日の「パリの地下鉄」のおかげで、
外そうか迷っていたマドレーヌをやっぱり入れようかなあ、と。

帰ってきて早速、試作してます。
なかなか美味しい。


今日は体調がいまいちだったので、試作から切り替えて買いだしに出たのですが大正解。
やっぱり空気を入れ替えるには、外の空気に触れるのがいちばんだなあ、と
当たり前のことに気づいた一日でした。



マドレーヌ.jpg

 下のクロスも、
 パリから友人が持ってきてくれたもの。
 せっかくのパリな日ですから。
 
 あ、よく考えたら
 昨日はパリの革命記念日でしたね!




posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

Happy 7th Birthday!



今日7月16日は、娘7歳の誕生日でした。

早いもので、もう7歳。
1歳、2歳の誕生日の頃にはうっすらと思いだしたお産の日のことも
この頃だんだんと、思いださなくなってきました。
いまは、ただただ、
ああまた無事に誕生日を迎えられてよかったなあ、と。
でも、こういう平和な誕生日が迎えられるのも
もしかしてここから数年だけなのかなあ。

いまはまだ、カレンダーにも何ヶ月も前から誕生日を書き込んで、
とにかく、1歳大きくなるのが楽しくて仕方ないようす。
せっかく誕生日が嬉しくて楽しいうちには
いっぱいお祝いしとけばいいよ、と思っています。


今年は入学祝いも兼ねているせいか、
娘の誕生日比ではかなり豪華。
あちこちから、自転車とかバレエのレオタードとか、
さくらんぼ狩り旅行とかけん玉とか、
いろんなプレゼントを集めてご満悦でした。

試作品兼バースデーケーキは、バニラシフォンケーキ。
飾りつけも、切り分けも娘が担当。
いろいろ役立つようになってきました。


ブルーベリーシフォン.jpg


来年も平和で楽しい誕生日が迎えられますように。




花子誕生日2010.jpg
  秘蔵のマリメッコのファブリックを出してきて
  お誕生日仕様にしたのですが、子どもたちは揃って
  「あ、カーテンのテーブルクロス!」
  そうです。カーテンといっしょ。
  合わせて、ファブリックも買ってみたのです。

  が、メートル5,500円だかの単価にびびって
  1メートルしか買わなかったので、
  きれいに模様が出ていません…。う〜ん…。

  やっぱり買い物は思い切ってしておけ、という話ですね。





posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | 子どものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

怒涛の撮影終わり



子どもが生まれる前、夏のイベントといえば
Fuji Rock Festivalでした。
天神平の第一回目から毎年のように参加、
あつ〜い夏に3日間のお祭り、朝から晩までライブを見て、
朝5時くらいまでいろんなパフォーマンスがあるので
体力ぎりぎりまで参加して、食べて飲んで。

最後のほうには、ただのオーディエンスでは飽き足らず
フェスティバル会場のパエリヤ屋バイトとして参加したりして。
この年には、日中のライブはほとんど見られないので
必然的に見るのは夜8時なりに仕事がはけたあと。
深夜のクラブ系パフォーマンスを観に行き
夜中に飲んでしゃべって食べて、
明け方に数時間寝て、朝8時か9時にはお店に行って。

帰ってきたあとは、まさに祭のあと、という感じで
時間感覚はめちゃくちゃ、体もあちこち痛い、
でも夏を満喫したなあ、という充実感があったのでした。



というロックフェスのような撮影を終えました。
先日少し書いた、新しい本の撮影です。
大変だったけど、気持ちよかった!
子どもたちは預かってもらい、3日間+前日の夜の80時間マラソン。
夜にはとにかく作って、買出しに行って、ソファや床で仮眠とって。
日中は9時から18時くらいまで、作って撮って。


こんな無茶なスケジュールにつきあってくれたのは
カメラマンの長谷良樹さんと
スタイリストの鍵山奈美さん。
機会を作ってくれたのは、『親子ごはん』担当の秋元麻希ちゃん。
わたしの素朴な(素人な)仕上がりのお菓子を
びっくりするほど綺麗にかっこよく撮ってくださいました。

詳細は、まりおブログを見てくださいね。
http://mario-mandala.seesaa.net/article/157104701.html


刊行予定は9月末。
まだまだこれから、原稿書きなどが残っているわけですが
いまはとりあえず一仕事終えて、

「やったあ!」 

という気持ちです。
あとはとにかく

「ありがとう」

いろいろな方にいつも助けていただき、
その輪でもっていろいろなことが繋がっていく。
そのありがたさをしみじみと感じる3日間でした。


いつも、ブログを見てくださっている方も本当にありがとう。
こうして応援して下さっている方のおかげで日々過ごせている、
と感謝の気持ちでいっぱいです。

とりあえず、9月末の発売まで。
もうひといき頑張ります。
発売になったら、ぜひ見てくださいね!




posted by しょうこ at 00:00| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

お弁当の記録、夏休み1週め。



夏休みですね。

ということは、公立小学校でも学童っ子はお弁当になります。
ということを、ろくに考えずに
お菓子撮影の残り材料ばかりの冷蔵庫のまま迎えた今週。


でも、月曜から娘は

「お弁当おいしかった! お弁当だいすき〜」

と可愛いことを言ってくれるので、
とりあえず頑張ってます。
まあ、娘が美味しかったのは、夏休み用に購入した
「手のりたま」
だってことはわかってるんですけどね・・・。


弁当100726.jpg

 月曜。
 「手のりたま」デビューのため、
 白飯にて。
  いんげんとおあげさん煮
  ピーマンのチャンプルー
  海苔いり卵焼き
  ソーセージ、プチトマト




弁当100727.jpg

 火曜。
  梅と枝豆のごはん
   ラタトゥイユ入り卵焼き
   サワラの照り焼き
   なすの黒酢煮
   プチトマト




弁当100728.jpg

 水曜。
  昆布ごはん
  しらすとあおさ入り卵焼き
  わかめとキャベツのごま油炒め
  白滝の明太子炒り
  ソーセージ、プチトマト




弁当100729.jpg
   
 木曜。
  海苔ごはん
   キャベツオムレツ
   いんげんのくるみ和え
   キャベツのナムル風
   サワラ西京焼き
   プチトマト


   





こうして並べてみると、地味というか
見た目がみんな一緒ですね(汗)。
来週はもう少し工夫してみます……。


海苔ごはんといえば、
先週だかの『週刊文春』で江國香織さんが海苔ごはんについて書いていました。
それによると、「ごはん、炒り卵、海苔」を重ねるのだとか。
炒り卵ですか!?
わたし的には、ごはん、醤油、海苔、の3点セット。
いいとこ、間にこんぶを挟むくらい。

「こんな海苔弁当食べてる!」
という情報あったら、ぜひぜひ教えてください。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | お弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

お弁当の記録、追記。



昨日のブログで
「毎日お弁当の見た目が同じで地味だった」
と書いていたところ、案の定、帰宅した娘が

「Aちゃんは、お素麺持ってきてた!」
「Bちゃんは、まめっち弁当だった(つまりキャラ弁)!」
「Cちゃんは、卵焼きで巻いたお花畑ごはんだった!」

と立て続けに報告。

「うちのはかわいくない!」

そうです。


そりゃ、わかっていたけどさ。
卵焼きの中身、毎日違ったりして
実はけっこう凝ってるんだよう。
でもそんなこと、娘には関係なし。


昨日の海苔弁当の話で思い出したのですが、以前、

ごはん→海苔の佃煮→ごはん→醤油→海苔

という重ねにしていたことがあったのですが、
「ごはんの間の海苔の、いやだ」
と娘にあっさり拒否され2回で終わったのでした。
佃煮がわざわざ入ってるなんて、贅沢なことなのにさ!
でもそんな贅沢も、6歳児にはわかりっこありません。



弁当100730.jpg


というわけで、今日のお弁当はロコモコ風丼。
ハンバーグでどや〜! 目玉焼きでどや〜!!
という、見た目は派手だけど、簡単弁当です。
嬉しそうに持って出かけたので、
やっぱり小1にはこれでいいのかなあ。
ちょっぴり複雑な気持ちですが。



ちなみに、昨日リサーチしていた海苔ごはんには何を入れるか。

「ごはん、醤油、海苔」派
「ごはん、おかか醤油、海苔」派

に大きく分かれる結果に。
味つけ海苔だったり、佃煮だったりもするようですが、
「醤油味の海苔」が基本のようでした。

海苔ごはんて、作りたてだとたいして美味しくない。
醤油味がしみて、海苔がしめって、
ごはんと醤油と海苔が一体化しているところ(しかも冷たいところ)が
最大の美味しさですよね。
お弁当ならではの時間調理。
お弁当の冷めたごはんが大好きなんです。わたし。
レンジでわざわざあっためるなんて言語道断! と思ってます。

さて、来週はわたしの分もお弁当作ろうっと。
もちろん、海苔ごはんですよ。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | お弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。