2010年05月01日

ほんとは苦手な牛乳だけど

 

小学校に上がり、いろいろなチャレンジの増えた娘。
最大のチャレンジが実は、
「牛乳を飲む」
です。

どうしても味が苦手で、幼稚園のころには1cmくらいしか飲めませんでした。
わたしもだんなさんも牛乳は苦手だし、
苦手なものには理由がある、と思っているので
あえてムリしてとらせずにここまで来たのですが、
ついに直面しているのが、小学校の給食。

「牛乳は飲めません」
とアレルギーを理由に診断書をもらうことも考えたけれど、
みんなと違うことはしたくない娘的に、それは却下。
頑張って飲む道を選び、
毎日のように日記に
「きゅうしょくは○○、それと、もちろんぎゅうにゅうです!」
と書いてます。

ムリしてまで牛乳を飲むことには、いろいろ考え方はあるかと思いますが
とりあえず、頑張りたいというなら頑張ってみよう、ということに。


ですが、やっぱり嫌いなものは嫌い。
なので牛乳っぽいホワイトシチューはNG。
なのに、それを器に入れて焼いたグラタンは大好き。
嫌いって気分なんじゃないの!?
という気もちょっぴりしますが。


昨日の晩ごはん


グラタン.jpg


グラタン、という名のホワイトシチューごはんオーブン焼き
スナップエンドウのサラダ


玉ねぎをバターで炒め、鶏肉としいたけも入れて炒め、
そこに小麦粉を振り入れて牛乳を加える、という簡単法。
帰宅して30分、とはいきませんが、
オーブンタイムも入れて40分で、ゼロからグラタンもできます。
焦げ目をつけるだけでOKだから、トースターなら30分でもいけるかも。


スナップえんどう.jpg
 簡単サラダ。
 
 スナップエンドウを開くと、
 並べただけでも
 きれいで楽しいことを発見。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 食べものの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

春の天ぷら



GW、前半はだんなさんの実家に来ております。

いつも季節のごはんを食べさせてもらっているのですが、
この時期、特に楽しみなのが、山菜の天ぷら!
義父はたらの芽をとるために、庭にたらの木を育てているのです。
そこからとった、特大のたらの芽と柿の若葉の天ぷら。


たら.jpg



これが美味しい!
柿の葉が、お寿司以外に天ぷらになるなんて、結婚するまで知りませんでした。
カルシウムもいっぱいで、体によいのですって。
庭に柿の木がある方、ぜひお試しください。

しかも、
「ブログ用に写真を撮っておけばよかった!」
というわたしのために、義母は翌日、再度天ぷらを作ってくれたという。
うーん、二度めも美味しい! 
お義母さん、ありがとうございます。
まったくもって厚かましい嫁ですみません……。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

娘の同窓会は、ママの同窓会



GW真ん中のイベントは、娘の保育園仲間とごはん会。
娘が3歳まで通っていた保育園のお友だち4家族での集まりは、
最近では半年に一度くらいしかできないけれど、
本当にリラックスできる貴重な時間。
娘のおかげで、わたしにも大切なお友だちが増えました。
子どもがいてほんとうによかった!

今週末には、息子の保育室のお友だちと
卒室以来、初めての集まり。
(なぜか娘が張り切ってます。)
こちらも長いおつきあいになるといいなあ。


岡本太郎.jpg



  井の頭線渋谷駅で
  「あの絵、みたい〜!」
  とつぜん立ちどまる息子。
  なんと、岡本太郎の大きな壁画を指さしてます。

  銀座線への通路からしばし観賞。
  息子よ、なかなか見どころあるぞ。
 
  はい、今日は親ばかです。



いよいよ明日は、パパイベント。
http://www.voidplus.jp/index.php

青山でお会いしましょう!




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

シーセージを買いました



最近、すごい製品を教わりました。
「シーセージ」ご存知ですか?


seasage.jpg


Sea-sage

その名の通り、魚肉ソーセージなのですが、
普通の魚肉ソーセージを想像したらいけません!
すべて材料は魚肉なのですが、ふつうのソーセージよろしく
ザクザクといろんなサイズの身が入っていて、本当に食感はあらびきソーセージのよう。


シーセージ2.jpg


それでいて、味は魚。軽いんです。
最初はびっくり、なのにとても後をひく美味しさで、
せっかくだからいろんな料理に使おうと思っていたのに、
いざ開けたら、あっという間にふつうに食べてしまいました。
かまぼこ好きの息子は、「もっとおかわり〜」と泣いていたくらい。


鈴廣から出ています。
なので、もちろん無添加。つまり、無リン、無化調。
安心だし、本当に美味しい。
なかなか買える場所が少ないのがネックですが
(ようやく小田急百貨店の鈴廣売り場で買いました)
お取り寄せもできるよう。

いま見たら、5月15日まで限定の、送料無料のお試しセットもありました!

こちら

これまた新製品の「切れてる板わさセット」もついてきます。
美味しい厚さ(12mmだそうで)に切れてるかまぼこに、
わさびとかまぼこにおいしいドレッシングがセットになったもの。
試してみるならいまですよ〜!



ちなみに息子、『風の谷のナウシカ』をみながら
「あれ、オウムのぬけがらだよ」
なんてすごい言葉は言えるくせに、かまぼこのことは
「ばかぼこ〜、もっとばかぼこちょうだーい!」
としか言えません。なんで?
好きならちゃんと覚えようよ。


posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | 食べものの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

子どもの日のイベント



だんなさんのイベントも無事終わり。

連休最終日に19時スタートのイベント、
子どもたちは頑張れるかなあ、と思っていたところ
やっぱり疲れている一年生の娘はNG。
急きょ、母のうちで留守番にし、息子とふたりで行ってきました。

が、昼寝をしていなかった息子は予想通り、
SAROのタップが始まってしばらくは興奮して立ちあがったりしていたものの、
カンカカンカカンカカンカンカン……
というタップの音が気持ちよかったのか、
わたしの膝の上でごろんごろんしはじめて、数分で爆睡。
これじゃ写真が撮れないどころか、ビールも飲めないよう。
まあ、一緒にイベントに連れていけただけよしとしなくては、かな。


エリック・ティールマンスのドラムはすごかったです。
ドラムっていうとわかりづらいと思うけれど、
スネア一枚と、いくつか道具を持っているだけ。
椅子に座ってなにかをシャカシャカしているだけに見えるのだけれど、
これはいったい何の音!? 
というような、深いいろいろな音が出てくるのです。
今回、共演の高岡さんも初めて観たときには、
これがチューバ!? と驚いたものですが。
メロディアスな音楽を聴きに行っているよりは
もっと生な音を聴いている、という感じ。

なんかね、音楽ってこういうもの、楽器ってこういうもの、
と思いこんでる目からウロコがポロポロ落ちます。
気持ちのいいイベントでした。



柏餅.jpg


昼間には、山盛りの柏餅。
母と娘で3種類買い集めてきてくれたけれど、
どれも子どものころに食べたような、シンプルな美味しい柏餅じゃない〜。
もっと、しっかりしたもちっぽいのが好きなのですが、
このごろのって、みんなぺったりしてるんだよね……。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

雨の日だってこわくない!



今日はものっすごくいいお天気でしたね。
ので、お弁当を持って公園へ。

このところ雨が多かったので、とても楽しかったのだけれど
いくら土曜には晴れても金曜が雨っていうのは
保育園に通う子持ちになった身としては、
かなり嬉しくないです。


ところが。
最強の雨グッズがロンドンからやってきました。
だんなさんのロンドン土産その3のこれ!



レインコート.jpg
 


キャス・キッドソンのレインコートとハットのセットです〜。
雨の中、自転車で通おうとしているわたしの気合いが訴えたんだわ、きっと!
(編集者だった時代には、雨がふったらタクシー! の生活だったのです…)


これからは自転車で頑張るぞ! と子どものせカバーに加えて
青いビニールシートみたいな大きなポンチョも買ったのですが、
確かに気合いは入るけれど、なんとも楽しさがない……。
今日は雨だけど頑張るか! というスターターとしてはいまひとつだったので、
かわいいレインコートと帽子、ほんとに嬉しい〜。

去年の出張あたりから
「もうそろそろキャスはいらないんじゃないの? ロンドンの店の客、8割が日本人だよ」
と言われていたのだけれど、いざ新しいものを買ってもらうと
やっぱりキャス・キッドソンのグッズ、可愛くって気分が上がるのですよね。
お揃いの柄で、パスモケースも買ってきてくれたので
この春からパスモ持ちになった娘とお揃いで使おうと思います。


「買い物好きだ」
と、だんなさんにはいつも非難されているわたし。
もっとシンプルに質素に暮らそう、と最近は買い物も控えめに。
それはそれで気分よいのだけど、いまいち楽しくない。
やっぱりわたし、お買いものが好きなんだあ!

この春は卒園入学など必要なものも多く、いろいろ買い揃えたところ、
気分がぐぐっと上がってきました。
一緒に買いに行った娘も「なんか楽しい〜!!」と興奮しだしたりして。
新しいものは嬉しい、というのは、人間の自然な欲求なんですね。


ちなみにこの春の買い物でいちばん嬉しいのは、洗濯機。
もう引っ越しだから、とずーっと我慢して単身者が使うようなサイズの洗濯機だったのを
ついに8キロまで洗えるドラム式洗濯機に変えたのです。しかも空気清浄機つき。
生活が向上した〜!! という満足感を、毎日味わっております。

買いもの好きは、ムダなものを買おうという贅沢なのではなくて
いまの暮らしをもっと快適にしたいという向上心なんです。
(はい、言い訳です。)


が、この春は洗濯機もフォーマルの靴もミシンも、みーんな新調してしまったので、
この興奮が冷めたときにやってくるであろう倦怠がいまからちょっとこわい……。
はっ! これって立派に買いもの中毒!?



 *晴れの今日は、だんなさんのロンドン土産その2が活躍でした。
 それについてはまた明日。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

公園ピクニック


箱.jpg


これでーす。
以前もご紹介した、ロンドン土産その2のランチボックス
ついに活躍してくれました。

ところで前回、このランチボックスの商品名が「DINNER TO GO」で
ディナー用とは文化の違いか、なんて書いたのですが、
DINNERとは、厳密には夕食限定ではなく、
昼夜に限らず、一日のメインになる正式な食事だったり
特別な食事、という意味なのだそうです。
と夫に指摘されました。
英語は得意、みたいなことを書きながら
そうそうにお恥ずかしいことを書きました。すみません……。

外食することを「dine out」と言ったりしますが、
それの活用形でdinnerということですね(たぶん)。
気軽なレストラン、食堂車はdinerですが。


これを持って、dine at 公園してきました。
もともとは息子の保育室の公園ミーティングの予定で。
3月の謝恩会の日に簡単に口約束したっきりの待ち合わせだったので、
本当に今日はあるのかしら、なくなったのかしら、
と心配しつつ、そのくせ誰にも聞かず、
だめなら家族でピクニックだ!
とのんびり出かけたところ、みーんな集まっていて大遅刻だったのでした……。
疑問に思ったら、ちゃんと聞こうよ、という教訓でした。

日本のお重と違ってハンパな深さがあるため、
中身を詰めるのに意外と苦労しましたが、
記念撮影していたら、
ごはんを食べ終わっていたはずの3歳児がいっせいにむらがってきました。
中身は適当でも、楽しい気分になるのは
やっぱりランチボックスってすごいですね!


ちなみに中身は:

豆腐入りつくね
卵焼き
おかのりのチヂミ
ソーセージ+トマト、きゅうり
かまぼこトミカ
サラダほうれんそうと鶏肉のサラダ
十二穀米のわかめおむすび
いちご

でした。





posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

娘のならいごとに学ぶ



娘が5月からヴァイオリンを始めました。

前から習いたい! と言われていたのですが、
プロにさせるわけでないし、クラシックに興味があるわけでもない娘、
ピアノでいいんじゃないの? と思っていたのですが。
どうしても本人が頑張る、というので、
近所の音楽家の方に紹介していただいた先生について
先週からレッスンを始めました。

本人が楽しければいいや、と思いながらも、
いざ始めるといろいろ気になってしまいます。
7月にいきなり発表会があるのですが、「出られるかも」と先生。
え〜、ヴァイオリンてボーイングだけで何カ月もかかるものじゃないんですか!?
甥っ子も2月から始めたところなのですが、まさにまだボーイングの練習中。
やっと指で押さえて1音2音出した、くらいの進み具合なのです。
いきなり曲をやるより、基礎をきちんとしたほうがよいのでは、
なんて、ついつい考えてしまうのですが。


そこで、しまいこんでいた本を出してきました。
『「できる子」が育つ魔法のルール』(阪急コミュニケーションズ刊)

できる子.jpg


双子の息子を世界ランキング1位のテニス選手に育て、
経営するスクールからも何百人と全米クラスの選手を出しているコーチが書いた本です。
そのプロフィールだけでも、妙に説得力が。

そのなかに

「とにかく初めは楽しませよう。
基礎練習がとか、もっとこうしなさいとか細かいことはいい。
楽しくて楽しくて仕方ないというふうにするのだ。
試合でも発表会でもどんどん出したほうが達成感も得られ目標をもててよい」


というようなことが。
う〜ん、そうなのかあ。


ほかには

「練習は、『もっとやりたい!』というところでやめさせること。
手前で止められると、もっとやりたいと思うようになる」

「ごほうびを用意してもいいから、練習もレッスンも楽しいものにすること。
初めは技術はどうでもいいから、楽しい先生につけよう」

「ほめてほめてほめまくろう」

「日課を決めて行動させよう」

「勉強もきちんと(息子たちはスタンフォードに進学)」

「お礼状を書かせよう。大会の主催者にも忘れず」


などなどなど。
わたし自身にも役立つ話がいっぱい。
いただいたものの、ずーっと放置していた本だったのですが、
う〜ん……とうなることしきり。
本て、読むべきときに読むものなんだなあ。


いまのところ、やっと始まったレッスンに大喜びで
数時間おきにヴァイオリンを弾いたり眺めたりしている娘。
その楽しそうで嬉しそうな姿には、
こちらまでわくわくしてきます。
娘にとって、ヴァイオリンがいちばん! とはならなくとも
大切な楽しい仲間になるといいな、と思います。







posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 子どものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

マリオ曼荼羅in神戸



日曜日、友人に誘われて
機嫌よーくフレンチのランチを食べ
のんびり帰宅したら、
かわいいバラがテーブルに乗ってました。


母の日.jpg


「ママいつもありがとう」

のカードつき。
子どもたちも大きくなったんだなあ。
わたしこそ、本当にありがとう。
ふたりのおかげで、ダメでもなんとか母になってます。




***********************************************

さて、来週22日(土)から、だんなさんの個展が神戸で始まります。


マリオ曼陀羅展 2010年5月22日(土)〜6月23日(水)

タイトル:『マリオ曼陀羅展』
会期:2010年5月22日(土)〜6月23日(水) 
休廊日:日・月曜日
時間:11:00-13:00/14:00-19:00
料金:無料 

会場:ギャラリーヤマキファインアート 
   〒650-0022神戸市中央区元町通3-9-5-2F
お問い合わせ:TEL: 078-391-1666  FAX : 078-391-1667 
MAIL: info@gyfa.co.jp 
交通案内:JR・阪神元町駅 西口より徒歩1分 


22日(土)には、オープニングイベントもあります。
お近くの方は、ぜひぜひお運びくださいね!



『マリオ曼陀羅展』関連企画:オープニング・イベント

Live Performance 『田内万里夫×アルルカン洋菓子店』

■ 日 時:2010年5月22日(土)15:00 開演
■ 料 金:予約2,000円 当日2,500円 ※定員50名
■ 会 場:ギャラリーヤマキファインアート
■ 予約・お問合せ:ギャラリーヤマキファインアート
  TEL:078-391-1666 FAX:078-391-1667 info@gyfa.co.jp 


「『マリオ曼陀羅展』オープニング・イベントとして、作家・詩人で音楽家の、明川哲也とギタリストMITSによる音楽道化師ユニット、アルルカン洋菓子店とのセッションによるライブペインティングを開催します。
アルルカン洋菓子店の奏でる歌とアコースティックギターそして言葉にあわせ、田内万里夫が、無限に広がる曼陀羅を描きます。関西では初となります、注目のアーティストたちの競演をお見逃しなく!」





posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

南国ソフトと「はたらくおうち.com」



昨日はマンゴープリンを食べに、神泉の「文琳」へ。
子どもが生まれる前に行ったきりなので、8年ぶりくらい?


201005121225000.jpg

マンゴーがごろごろ入った、マンゴーババロアみたいなプリン。
なんでも去年は900円だったのが、今年は500円になったそうで。
マンゴーが今年は安いのか? などと話しつつ、いただきました。
たいへん美味しゅうございました。


「子ども以前」と「子ども以降」って、やっぱりさびしいけれど
くっきりぱっきり、生活が変わっています。
ああ、最近行ってないなあ、と思うお店や場所、イベントなどなど
「最近」と思っていることが、子どもが小学校に上がった今年となっては、すでに7年前。
ヘタすると10年前ってことも増えてきました。
「最近」が10年前。
10年ひとむかし、という表現もありますが、10年を「最近」で語れるようになったところに
おお、歳をとってきたなあ、と実感します。

一昨日は、2か月に1回集まってお菓子などを作っている仲間の会で
バニラビーンズの産地違い比べなどをして、とても楽しかったのですが、
(詳しい友人に、バニラエッセンスの作り方も教わりました!)
この「2か月に1回」会う友人は、かなりしょっちゅう会ってるお友だちだということに
ふと気づき、いささかショック……。
まあ、仕方ないのですけれど。


さて、昨日「文琳」に一緒に行ってくれたのは
近くにオフィスを構える、南国ソフトの社長ご夫婦。
娘の保育園時代のお友だちでもあり、バレエでも一緒なので
わたしのお友だちの中では、トップクラスの頻度で会っている方たちです。

お友だち、と簡単に言っていますが、南国ソフト、すごい会社なんですよ。
いまいちテクノロジーには詳しくないわたしの語りではいまいちなので
どーん!!


南国本.jpg

最近、こんな著書も出ています。

『Webアプリケーション開発者のためのSilverlightリファレンスブック』
(エクスナレッジ刊)



こんなすごい会社の温情に甘えて、実はいまサイトを立ち上げようとしております。
その名も「はたらくおうち.com」。
スローであいまいな性質のわたしなので、「立ち上げよう!」となってから
作業は遅々として進まず、南国さんのデザイナーさんには多大なご迷惑をおかけしつつ
ようやく、遠からずオープン、というところまでようやくきております。

オープン日、決まったらここでお知らせします。
そちらも見に来て下さいね!



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

やかんの洗いかた




そろそろお茶を作っておきたい季節ですね。
麦茶ってどうやって作ってますか?

わが家は、基本的には水大好き! なのでお茶にはしないことが多いのですが
作るときには、沸かすと冷ますのに時間がかかるので、
大地宅配で買ってる冷水用の麦茶でポンと作ってしまってます。
ルイボス茶にするときには仕方なく、やかんでわかすわけですが。

麦茶用のやかんを買うのはぜいたくだけれど、
でも、お湯をわかすのと同じなのもなあ、となんとなくやかんを探していたら。
楽天レビューで驚くような話が載っていました。

「このやかんはとても洗いやすいのがよいです。
食洗機にも入れやすく、気持ちよくあらっています」

というようなことが書かれていたのです。

食洗機でやかんを洗う!?
それって普通なの!!??


うちにも食洗機はあるけれど
結局、洋食器しかきれいにならんなあ、と使用頻度がやや下がり気味なので
あまり強いことは言えないのですが、それにしても、
お湯やお茶をわかしただけのやかんを食洗機で洗う、というのにはびっくり。
でも、そうやって毎日食洗機で洗えば、やかんにいつの間にか油汚れが……
なんていう情けないことにはならなくて済むのかなあ。

だんだん、やかんの焦げつきや汚れがひどくなってきて、
実のところ、それが買いかえようかしらん、という動機だったりするもので!





posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

新しい鍋でマーマレード煮



新しい鍋がやってきました。
楽しい楽しい瞬間。

今回の新入りは、マイヤーの深いフライパン
テフロン加工で深めのフライパンです。


フライパン.jpg


フライパンでちょっと炒めてそのまま煮る、ということ普段の料理では多いですよね。
それはもちろん、お鍋でもよいのだけれど、
ル・クルーゼやホーローの鍋だと、
うっかりすると焦げついてしまったりということも、実はよくあります。
ついつい、忙しいとそれが面倒で、
結局テフロンフライパンでさっと炒めてそのまま煮て、ということも。

テフロンフライパンで深くなっているものもいろいろあるので、
どれにしようかなあ、と思っていたところに、
いろいろとご縁があり、マイヤーのフライパンに。

きちんと厚みのあるテフロンフライパンで、片手でさっと握って料理。
中身をふって返すのにも、いちいちふきんや鍋つかみを使う必要がありません。
これは便利そうなので、初めは照り煮にしよう!
と、チキンリブと新じゃがいものマーマレード煮。
彩りと栄養にこっそりピーマンも入れて。



鶏肉のマーマレード煮 (4人分)


マーマレード煮.jpg


チキンリブ 20本
新じゃがいも 5〜10個(大きさによって)
ピーマン 大2個

マーマレード 大さじ1〜2
酒 大さじ2
みりん 大さじ1
醤油 大さじ2

1.新じゃがいもは小さいものは半分、大きいものは4等分にする。ピーマンも6つ割にする。
2.チキンリブを皮目を下にしてフライパンに並べ、酒、みりん、マーマレードを入れて中強火にかける。
3.煮立ってきたら全体をからめるようにしてゆすりながら2〜3分煮て、新じゃがいもを加える。全体を混ぜて調味料をからめたらフタをして中火で10〜15分ほどじゃがいもが柔らかくなるまで煮る。
4.ピーマンを加え、1〜2分さっと煮てできあがり。



予想どおり、さっとふれば中身が混ざるので煮汁が少ない煮ものにもばっちり。
薄手のテフロンフライパンだと、最初に肉などを入れたときに温度が下がりすぎて
肉汁が出てしまいうまく仕上がらないのですが、
このフライパンはさすが1・5キロもあるだけあって、厚みも十分。
チキンリブと調味料を煮立たせたときにも肉汁がでなかったのには大満足です。


次にキャベツのスパゲティを作ったところ、4人分300g弱のスパゲティを入れてもラクラク。
人数が増えると、ソースとパスタを絡めるのにフライパンからあふれそうになって困り、
中華鍋を使ったり、といろいろ実験していたのですが、それも解消。
マイヤージャパンのサイトによると、
日本の食事にあわせたマルチなはたらきもの、
ということらしいですが、確かに。

当分、ヘビーローテーションで活躍しそうです!




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

「自転車は左側通行ですよ〜」



このところ、すっかり自転車ライフのわたし。

してみると、マナーの悪い人が多いのには愕然!
信号無視は当たり前、都合のよいときだけ歩行者のような顔をする。
車を運転するひとが、「自転車は怖い」と言いますが、
その言葉がリアルにわかる毎日です。

そもそも、自転車は左側通行だってことを知らない人が多いんです。
(もっとも、わたしも幼稚園に行くまで知らなかったのですが!)
子どもを乗せてる自転車の人とかだと、
「こちらが正義!」みたいな顔してごりごり詰めてくるので、
左側を走って、正しいはずのこちらがうっかり道を譲ってしまったりして・・・
しかも、こっちも子ども乗せてるんですけど!

「自転車は左側ですよ!」
といちど言いたいのだけれど、とろいから言えない。
せめて学生には指導しなければ、と思うのに言えない。
なさけない。40近いおばさんなのに。


が、「自転車は左側ですよ」が必要になるケース、
一日のうち2〜3回はあります。
今日こそ練習しておこう。

「自転車は左側通行ですよ〜」




最近のお気に入り。

かまぼこサラダ


かまぼこサラダ.jpg


「かまぼこはバジルやオリーブオイルと相性がよい」

と鈴廣のカタログに書かれていたので、
かまぼこを刻んでサラダに混ぜ、
オリーブオイル、バジルソース、酢、塩こしょうでドレッシングに。

ほんと、美味しいです。
ぜひおためしを。


posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

ボンジョリーナで将来会議



昨日は久々に会社の同僚とランチ。
同僚とはいっても3人揃ってこの1年強でばらばらと辞めたので
会社のOGランチとなりました。

なんかね、気持ちが新しくなっているひとたちとごはん食べるっていうのは、
とっても気分がいいものです。
なんだかいいものを引き寄せる気がしますよ。

会った同僚のひとりは、フラで身を立てようと独立。
体験教室などもあるようです。
田園都市線方面の方、フラを習ってみたい方、
ぜひ行ってみてくださいね!


引き寄せるといえば、
『働くおうちの親子ごはん 朝ごはん編』の取材でお世話になったスージーさんは
『ザ・シークレット』の大ファンでした。
「引き寄せの法則」についての、まあ啓発系の本とDVDなんですが
これがとっても面白いのです。
本は角川書店から、DVDはアウルズ・エージェンシーから出ています。

スージーさん、とっても明るい美人さんですが(朝ごはん編 P116参照)
『ザ・シークレット』を日本のお友だちに見せたくて、
日本語版DVDを2枚も買ったのですって!

いわく
「『引き寄せ』って絶対ほんと! 願ってると叶うの。
だって今日、取材なのに料理できてなくてどうしようかなあ、と思ってたら
あなたたちから『遅れます』って電話あったでしょう!?」
(その日、前の取材が押して確かに遅れました……)

そういうスーパーポジティブな人のところには福が来るよ、という話なのですが、
自分にだけいいことを、と願うのではなく
まわりの人を思いやり、みんなで幸せを引き寄せよう、
というメッセージには共感を持っています。


昨日のランチで行った池ノ上のイタリアンレストラン、
ボンジョリーナのオーナーシェフの宮川さんも、スーパーポジティブな方。
ごはんを食べると、元気が出るような気がします。
のんびりランチをしていたら、ちょうどパンが焼き上がり
少し食べさせていただきました。おいしい〜。


ボンジョリーナパン.jpg


ひとばん冷蔵庫で発酵させること、ゆっくり焼くことがポイントだそう。
バゲット用の粉を使っているそうですが、
粉の旨みを感じるどっしりとした食事パンです。
家でも焼いてみたいなあ、と思っていたら、
惜しげなくツイッターにレシピが上がっていました。
http://togetter.com/li/20789
期間限定かもしれないらしいので、ご興味のある方はお早めにどうぞ〜。


こんなポジティブな人や、新しいことに向かう人たちに会って
ああだこうだと先の夢やら妄想やら語り合い
とっても元気が出てきましたよ。頑張ろうっと。

こんな出会いもランチ会も、わたしが引き寄せたことってことで!



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

まりお曼荼羅&水ぼうそうin神戸



やってきました、神戸!
本当に久しぶりの友人に会う予定。
だんなさんの展示準備も順調なようすでひと安心。

と思っていたら。

やってくれました、うちの息子……!
水ぼうそうですって。
いや、可哀想なんだけど笑っちゃったよ。
なんでよりによって、旅行先でなるかね!?


近くであわてて小児科を探して受診。
うっかり保険証を忘れてしまったもので、
5770円也を支払って薬をもらってまいりました。
幸い、あまり熱も出ず、
たくさんぶつぶつが出てきたわりにはまったくかゆがらず、
機嫌よーく過ごしてます。

以前、やっぱりだんなさんのライブで香港に行ったときにも
熱が出てしまった息子。
小さい子どもはまだまだムリはきかない、ということですね。
いやいや、面白い思い出ができました。
本人は可哀想なんですけどね、ほんと。



いよいよ今日は曼荼羅ライブ。

http://www.gyfa.co.jp/pr-MARIO.htm

お近くの方はぜひぜひお運びくださいね!



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

『わんわん物語』レビュー



神戸の旅を無事に終え、
水ぼうそうの待機期間も終え、
ようやく始動し始めた田内家でございます。


神戸の話などいろいろあるのですが、
そんな間に、ディズニーのサイトに書いた
『わんわん物語』のレビューがアップされ、
ていたらしいのですが、なんと2日で更新されてしまってました。
通常は半月掲載のはずなのに……。

http://familytime.disney.co.jp/navigators/blog/8242/4356

ちょっとさびしいので、よかったら見てね。


『わんわん物語』、知っていそうで観ていない人、多いんですよね。
わたしもそうでした。
ディズニーの底力を感じるクラシック映画。
最近、歳のせいか、古いものが好きです。

というかですね、お芝居にしても本にしても
最近のものは、表現が直接的、説明的になっているなあ、と感じます。
行間がないんですね。
受け手の読解力が落ちているんだろうなあ。
もしくは、落ちていると思われているか。


ちなみにいま、小学校には図書の時間が週に1時間あります。
授業にしなくちゃいかんのか! と驚きましたが、
いずれにしても、こうして本を読む機会を持って
きちんと読む、理解する、想像する。
そういう力をつけてくれるとよいのだけれど。

いや、わたしがめっちゃできてる、とは言い切れないんですけどね!
できていたいとは思っております。
それはもう。
心から。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

神戸でエビを食べました。



さて。神戸のいろいろ。

前にも書いた通り、息子は到着した晩から水ぼうそうになったため、
ほとんどの予定はキャンセル。
ギャラリーでのオープニングイベントのみに照準をしぼり、
訪ねてきてくれる久しぶりの友だちに駆け足で会って。

となると、楽しみは食べものしかありません。
とはいっても、病気の3歳児を連れていけるところなど限られているわけで。


2日めの昼、宿泊先の近くにあった、中華料理屋さんに行きました。
○○飲茶というお店。
近くには○○飯店という別店もあるくらいの、大きなお店です。
ランチメニューもいろいろあるし、
いろいろ探すのも面倒だし(病院後で13時半過ぎていた)
ま、今日のランチはここでいっか。

とりあえず、飲茶ランチ¥1,200を2つ。

あとはどうしよう。
そうこうするうち、お店のおばちゃんがやってきました。


田内家 「飲茶ランチを2つ。あとは、五目焼きそばをひとつ。
    これくらいでいいかなあ?」

おばちゃん
 「それもいいけど、飲茶の単品も美味しいのいろいろありますよ」

田内家 「え〜、どんなのあるんですか?」

おばちゃん
 「エビと白菜の炒めたんとか、うちでは人気ありますね。食べたあとにおそば入れて食べるの。すごい美味しいよ」

わたし
 「わあ! 美味しそう! じゃあ、それで」



さてさて、小皿やらザーサイやら、ランチの前菜盛り合わせやら
美味しそうなものが並びはじめ、いただきまーす。
セイロにはいったシューマイに海老餃子。
みんな美味しい〜! 神戸来てよかったなあ!


次にやってきたのがウーロン茶の入ったフィンガーボウルと殻いれ。

「エビのから、これに入れてくださいね。手はこれで洗ってね」



フィンガーボウル!?

そんなものが必要なエビが出るの?
子どもに取り分けるの面倒だなあ。

なんて思っていたところ、どーんとやってきたのがこれ。




エビ.jpg



こ、これ〜!!??

エビっていうか、これ……


伊勢海老じゃないですか!!!



しまったなあ。
なんぼとられんのかなあ。

と内心思いながら、開き直ってモリモリいただきました。
エビも白菜も、あんの絡んだ麺も、とっても美味しかったです。
本当に本当に美味しかったです。


エビ麺いり.jpg




さて、帰る段になって
「外でタバコ吸ってるから、ゆっくり出てきて」
と立ちあがっただんなさん。スマートに会計を済ませています。
う〜ん。会話が聞こえません。
涼しい顔して払ってるなあ。



お店の外に出て、おばちゃんのわたし、早速聞きましたとも。

「いくらだった!?」

「ああ、9,500円くらい」

9,500円!
飲茶ランチが2つで2,400円。
つまり、エビと白菜の炒めは7,100円ですか!!
どんだけ高いんや!
ていうより、どんだけ適当なんや!
合わせて9,500円くらいにしとこか、みたいな。

伊勢海老なあ、5,000円くらいかなあ、
と思いながら食べていた、美味しい美味しいランチでしたが、
まだまだ読みが甘かったなあ。


今回、神戸は実に15年ぶり。
あまり外出もできないながらも、山をながめ、海をみつめ、
懐かしい友だちにも会い、
かなりセンチメンタルな気持ちになっていたのですが。


いやあ、群愛飲茶。
本当にいろいろ、忘れていたことを思い出させてくれましたわ。
ああ、中華ってこんなやったなあ……。
 
 注・もちろん中華みんながこんなじゃないですよ。


領収証.jpg

 証拠に(ネタに?)と
 しっかり領収証をもらっていた夫。
 
 びびったら負けや!
 と涼しい顔を決めこんだそうです。
 
 旅行最大(!?)の思い出と思えば
 安いもんや。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。