2010年02月01日

豆好きの血が騒ぐ



娘もいよいよ4月から小学生。
今日は小学校の説明会に行ってきました。

やっぱり興味があるのは給食のこと。
平成21年4月から法律が変わり
「給食も教育の一環として、食育を担う」
ことが定められているそうです。
素晴らしい。



なにより印象的だったのは、
「一般家庭で摂れていない」
と国の調査でわかった食材を組み込むことを重視している、ということ。

具体的には、


豆、海藻、種実(ごま、アーモンドなど)


だそうです。



豆か!


まめ.jpg



あわてて、豆をゆでてます。
今日はモロッコインゲン。
生協のネット限定で買った希少品です。
どんな味か、楽しみ〜。


かなりの豆好きなんです。以前、
「豆カフェしようよ〜」
とケータリングの相棒を誘ったら
「しょうこちゃん、絶対飽きるからやめたほうがいいよ」
と止められたけれど。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(6) | 食べものの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

豆好き再燃!




豆を食べたい!

ということで、さっそく食べました。
ゆでてあったひよこ豆で、フムス。


フムス.jpg


おいしい〜!

フードプロセッサーにガーッとかけて、
煮汁も少し加えて、さらに混ぜて
混ざりづらくなったらオリーブオイルも少し加えて混ぜて
ガーリックパウダー、クミン、コリアンダー、塩を加えるクイック版。
仕上げはオリーブオイル+カイエンペッパーで。

練りゴマもレモン汁も忘れたけど、十分おいしかったです。
子どもウケはいまいちでしたが。


いま、調べてみたら、こんなサイトもありました!

Hummus World

豆にかける情熱、すごいです。
見習わなくては。




さて、昨日ゆでたモロッコインゲンはシロップ煮になりました。

シロップ煮.jpg


娘は
「うずら豆だ〜!」
とはりきって食べたけれど、
「味が違う・・・けど、おいしい」
だそうです。

豆が冷蔵庫+冷凍庫にあると、
なんともいえない満足感があるのですよねえ。


posted by しょうこ at 00:00| Comment(4) | 食べものの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

鬼はそと!



節分ですね。

「鬼はそと、福はうち」

という言葉、「鬼がかわいそう」と抵抗があり、
長年、なんとなくきちんと豆をまけないでいました。
『大江山花伝』のせいかもしれません。
ご存知ですか? 木原敏江の漫画。


平安時代の物語です。
あるお屋敷にお嬢様と、赤ん坊のころに拾われ育てられた少年がいました。
幼馴染として育ったふたりは恋心を抱いていたのですが、
少年、茨木は実は鬼と人間との間に生まれた子だったのです。
15の歳に父の酒呑童子にさらわれ、大江山へ。
人間にも染まず鬼にも染まず苦しみながらも、鬼として生きる茨木。
かたやお嬢様、藤子は大火事で家も家族も失い、
茨木に再会する日を夢見て生きながらえていました。
その藤子が身をやつして使用人として働く家の主人、渡辺綱が
天皇の命で鬼退治に行くことになり、藤子はこっそり後を追って大江山へ。


と話が進む、ぼろぼろの悲恋物語なのですが
中学のころに読み、当時ちょうど宝塚でも上演されておいおい泣き、
鬼だからといって追われなくてはならないなんて!
と猛烈に鬼に肩入れした姿勢で20年ほど過ごしてきたわけです。

映画『シザーハンド』など、こういう
「ちょっと異質であるがゆえに人の群れから追われる」
という話にめっぽう弱いのです。
アニメ『シンプソンズ』で、キングコング風映画を見ていたホーマーが
檻に入れられ海に流されていくキングコングを見ながら
「No...he is just different....!!!!」
と号泣するシーンがあり、ちょっとホーマーを見なおしたことも。
(それ以来、『シンプソンズ』のことは名作だと信じています。)


昨年、宝塚で20年ぶりに再演された『大江山花伝』、
DVDを貸してもらったものの、とにかく悲しいのがわかっているので
いまだに観ることができず、棚にひっそりしまってあります…。
それゆえますます、「鬼」と聞くと
「大江山の鬼」と直結してしまうわけです。


が、さすがに子どもが園で教わってくるし、と
ここ数年はしぶしぶ「鬼はそと」やっていたのですが。


ちょうど昨日、参加した薬膳教室で
「中国では『鬼』『邪』とは外から入ってくる悪いもののことをさす」
と、必ずしも大江山の鬼とイコールではない、ということを習い
やっと今年は気持ちよく、「鬼はそと!」ができたのでした。



が、明日の撮影(映画のプログラム用の料理撮影です)準備もあり、
節分らしいごはんはなんにもなし。

子どもたちは園で豆ごはんとか食べてるし、いっか。
なんて。

「すぐに怒っちゃう『怒り鬼』を追いだします、って幼稚園で言ってきた」
と健気に言う娘に
「じゃママは『めんどくさい鬼』を追い出すね!」
なんて言ったばかりなのに。
ごめんなさい。


「めんどくさい鬼」は今日追いだしたはずなので、
明日からは、豆でマメなママになるね。

あ、ゲンかつぎついでに黒豆でも煮ようっと。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

『プリンセスと魔法のキス』



今日は久しぶりに、取材の方がいらしての撮影。

3月6日公開のディズニーの新しい映画『プリンセスと魔法のキス』の
プログラム用の料理撮影です。

プリンセスと魔法のキス』は、
ニューオリンズを舞台にした新しいプリンセス映画。
ディズニー映画には珍しく、ふんだんに料理が出てくるのです。
そのうちのふたつ、ガンボとベニエを作りました。

食べたことありますか?

ガンボとはフランス語で「オクラ」のこと。
その名のとおり、オクラの入ったシチューのようなものです。
フランス系の影響と、アフリカ系のスパイスの混じった
スパイスとハーブいっぱいのスープ。
トマトベースだったり、シーフード入りだったり、
家庭によっていろいろな味がある、まさに日本のカレーのようなシチューです。

ベニエはニューオリンズ独自の揚げ菓子。
ドーナツのような、揚げたパンケーキ、のような
不思議な食べものです。
それを、一般家庭で作りやすいドーナツにして紹介してます。



ベニエ.jpg



これに粉砂糖をかけて食べるのが一般的なようです。
詳しくは、『プリンセスと魔法のキス』のプログラムで見てね。
ディズニーサイトの連載でも、来月はニューオリンズの料理を取り上げる予定です。
こちらの撮影もしなくては!



最近すっかりディズニー派のようになってしまったわたし。
もともとは女子大で
「ディズニー映画がいかにジェンダーロールを女の子に刷り込むか」
なんてレポートを書かされていたのにな。

でも、そういう観点からも『プリンセスと魔法のキス』は
なかなか面白いのです。ディズニーも進化してるなーという感じ。
うちはきっと、DVDまで買います。



ところが今日は、撮影はわりとスムーズに終わったものの、
肝心のガンボの味がいまいち……。
昨日まで、娘には「これ食べたくない」と嫌われながらも
だんなさんと息子には大ウケの美味しいのができてたのにな。

現場仕事の怖さ、久しぶりに味わいました。
しょぼん。

これから書くレシピで挽回するよう、頑張ります……。



ちょうどいま、庭にまいた「鬼はそと」の豆を鳥が食べに来てる!
けど、大きすぎて食べられないようです。
あとで砕いておかなくっちゃ。







posted by しょうこ at 00:00| Comment(6) | お仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

エビはヘビではありません。



朝ごはん。
珍しくおかずいっぱい3点盛りです。



えびと白菜蒸し.jpg



小松菜と油揚げの炒め煮
いんげん、パプリカとソーセージ炒め
エビと白菜の蒸し煮




エビと白菜の蒸し煮



白菜 3枚くらい
エビ 8尾くらい
鶏ガラスープ(顆粒)小さじ1/2
塩 適量
酒 小さじ1
片栗粉 小さじ1

1.白菜は1cm幅に切り、鍋に入れる。上から鶏ガラスープの素をかけてフタをして強火にかける。
2.エビは殻をむいて背ワタをとる。片栗粉(分量外)をもみこんで水洗いする。塩ひとつまみ、酒、片栗粉をもみこんでおく。
3.白菜の鍋がふいたら中火にし、5分ほど煮る。白菜が柔らかくなったらエビをのせて3分ほど煮る。全体を混ぜ、塩こしょうで味を調えてできあがり。




子どもたちには、エビと白菜の蒸し煮が大人気。
というか、エビが、ですけど。



「ヘビ〜、ヘビちょうだ〜い!」
と息子。
それ、エビですから。


ついでに、息子語録をもうひとつ。

「あれ、おならした?」
「してない! 『ぷー』だけ!!」

あの、その「ぷー」がおならです。


2歳もうすぐ11ヶ月、毎日笑かしてくれます。


posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

お弁当の日


今日のお弁当。


弁当0208.jpg



納豆と大根葉の卵焼き
チキンリブのから揚げ風焼き
ブロッコリーおかか和え
ソーセージ、プチトマト



「白いおむすびにハートの模様にふりかけかけて」
とのリクエスト。
あんまりうまくいかなかったけど。




なんてことない地味弁当だけれど
このお弁当箱だと3割増し美味しそうに見えます。
珍しく早起きした息子が
「おべんとう、たべたい〜!!」
と大騒ぎ。


しかたないので、彼のトーマス弁当箱にも詰めました。
ところ、ソーセージと鶏肉だけ、食べました。
あと、おむすび半分。

で「ごっちゃまった〜!」

春から幼稚園、大丈夫なんか!?



posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | お弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

いちごジャムを煮ています


近所の商店街には、八百屋さん、魚屋さん、肉屋さんなど
個人商店がまだまだいっぱいあります。

その中でとくに好きなのが、八百屋さん。
いちごの季節になると、
普通には出荷されないような、ぶさいくないちごが
2盛500円とか、3盛680円とかで売り出されます。
それが出たら、ジャムの季節!


子どもが生まれるまで、ジャムってひと瓶食べ切ったことなかったのですが、
2人になってから、消費量がとにかくすごい!
ヨーグルトに、パンに、とどんどん減ります。

そんなわけで、ここ2〜3年はいちごジャムだけは自家製に。
砂糖が自分で選べるのも安心です。
(いちごの農薬は言い出したらキリがないので目をつぶって)

今日は、てんさい糖で。
砂糖大根からとれる砂糖で、
オリゴ糖なんかがたくさん入っているそうです。
「土くさい」という人もいますが、
これはこれで安心のおいしさ。



ジャム.jpg



確かにちょっと、もたっとした風味ですが、
家庭消費には十分なジャムのできあがり。
途中で、バーミックスでがーっと混ぜて煮ています。
これも反則なのかもしれないけれど、おうち用だし。

最近、子どもたちがお気に入りのいちごシロップにして
牛乳寒天と一緒におやつにしようと思います。




posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

つまらん見栄をはりました



昨日は珍しく風邪っぽくダウン。
なもので、開き直って晩ごはんはラーメン屋さんへ。
近所に無化調の安心おいしいラーメン屋さんがあるのです。
子どもたちはもちろん、大喜び!


ですが、そういうときって
保育園への連絡ノートに書くのにちょっと躊躇します。
別に見栄はることもないんだけど、
「あら、ラーメンしか食べてないの」
というのがどうなの、と自分でも思っているからです。


帰宅してから食べた牛乳かん(いちごソースかけ)もあったので


牛乳かん.jpg



「18時30分 中華そば、杏仁豆腐」


と書いてしまいました。
ラーメン屋さんのメニューも「中華そば」だし。
ほとんどほんと。でも、ちょっぴりうそ。

どっちにしたっていかにも外食なメニューだし

「ラーメン、牛乳かん」

と書いても違いはなかったのだけれど。

つまらないうそついてすみません……。




娘弁当。
今日はから揚げリクエストにつき。


弁当0210.jpg


から揚げ
ほうれんそうの梅ごま和え
にんじんサラダ入りのオムレツ
おかひじきと塩昆布ごはん




posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | お弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

つくりおきドレッシングbyビストロパパ



昨日の晩ごはんは豆カレー。
以前は豆を嫌がった娘も、これは完食。
といっても、カレーに豆を入れるだけ、
凝ったインド風豆カレーというわけでもなかったのですが。


さて、一緒にサラダを、と思ったけれど、めぼしい野菜がない。
実はわたし、冷たいサラダがあまり好きではなく、
サラダを作る、ということにはあまり情熱がないのです。

そこで、だんなさんが大根をスライス。
あまっていた、ゆでおかひじき、ほうれんそう、にんじんマリネに
豆腐、トマトを加えて、なんとなく和風サラダ。
フォトジェニックじゃないけど、これがとっても美味しい!


玉ねぎドレッシング.jpg



ポイントはドレッシング。

しばらく前に、パパ料理研究家として活躍されている
ビストロパパこと滝村雅晴さんのパパ教室で習ったレシピです。

玉ねぎをすりおろして、醤油と酢につけておく。
それを使うときに油を足してドレッシングにする、というもの。
うろ覚えですが、玉ねぎ1/4個に、醤油と酢を2対1くらいだったはず。

ドレッシングを作りおきしましょう、というのはよく見ますが、
油なしでおいておく、というのは斬新でした。
簡単で美味しい。冷蔵庫でよく持ちます。
今日は、太白ごま油と合わせました。


手軽で美味しいドレッシングがあると、
苦手なサラダを作る意欲も、ちょっぴり上がります。
簡単ですので、お試しを〜。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(2) | 食べものの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

ハイチ義援金ライブのお知らせ



いよいよ、週末に迫ってまいりました。
以前にもちらっとお話しました、ハイチ義援金ライブ。

わたしも、ケータリング相棒と一緒に
ブラウニー売りで参加することになりました!
今晩から頑張らなくちゃ。


詳しくは、
http://mario-mandala.seesaa.net/article/140443402.html
をご参照くださいませ。


お近くの方、
募金したいけどどこにしたらいいんだろう、という方、
ぜひぜひ、お立ち寄りくださいね!!



簡単な詳細(ってへんな言葉ですね)はこちら。


-------<イベントの詳細>-------

2010年2/14(日)
緊急開催・ハイチ義援金ライブ!!
場所: 元住吉 Powers2
神奈川県川崎市中原区木月住吉町21-5
お問合せ → TEL: 044-455-0007
http://blog.hulahalau.net/powers/

開場 17:00 / 開演 18:00

※POWERS2も今回はハイチ義援金に参加してくださるということで、
チャージ(入場料1000円!)のすべてが募金に回ります。
あとはみなさんが我々の演奏や歌やパフォーマンスを楽しんでくれた分だけ、UNICEF行きの箱に小銭でも紙幣でも突っ込んで下されば成立!

【出演】
◆ アルルカン洋菓子店
◆ はんぺんブラザーズ
◆ ノコギリ演奏者 「稲山訓央」
◆ アートギタリスト 「cloudchair, Jake」
◆ ライブ・ペインティング 「mario mandala」

◇ チャリティー用のお菓子 by ドーベルマン・ドーナッツ


posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

これって高い!?



今日もカルディに行きました。

スパイスや輸入食材を撮影で使うことも多く、
週に1〜2回は必ず、下手すると毎日通ってます。


今日も、足りないスパイスを買いに行ったところ、
ふと、チョコレートが目に入りました。
そっか、バレンタインだし。
去年も買った、お気に入りのチョコ、自分用に買おうかしら。

と見たところ、あれ、去年よりも高い気が。
しかも、箱も大きい気がする!


と、お店の女の子に聞いたところ
「去年と、大きさも値段もまっったく一緒です」
だそうです。


去年まで、なんの躊躇もなく買いまくっていたチョコを
ほんの一瞬でも高いと思うようになるなんて、
不況だからか、収入が不安定になったからか。
金銭感覚って変わるもんなんだなあ、と
ちょっとだけ自分に感心したのでした。


結局、買ったけど。



晩ごはん。

大根とチキンリブのオイスターソース煮


大根煮.jpg


今日はとっても甘い大根だったので、下ゆでなしで。

今週は撮影や試食で、洋食に偏りがち。
大根やしいたけの煮もので、ちょっとだけ埋め合わせしてます。



posted by しょうこ at 00:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

かまぼこの日 前編



とみかまぼこ.jpg


娘弁当。

いつもと同じ地味弁ですが、今日はトミカのかまぼこ入り。
これでちょぴっと子ども弁当風です。



なんで、こんなかまぼこがあるか、と言いますと、
鈴廣の工場に見学に行ったからです。

行ってみると、これはすごい!
箱根の手前、小田急線の風祭駅前に、
一大かまぼこタウンができています!

秋田の古民家を移したというお蕎麦屋さん、
地元の野菜を使った料理のビュッフェレストラン、
もちっと高級な料亭、地ビール工場、
かまぼこづくり体験もできる博物館に、
かまぼこソムリエのカウンターがあるかまぼこバーや
鈴廣のおでんをおつまみに地ビールを飲めるカウンターまである
大きなお土産屋さんまで。
それをぜーんぶ鈴廣が経営しているようです。

ちなみに、箱根駅伝の中継所前でもあります。
テレビで見たことのある方も多いのでは?



原材料のこととか、製法とか、
ほほう! ということも多かったのですが、
それは後編で。



プチかまぼこ知識。

「かまぼこの日」というのは、本当にあるそうです。
11月15日。

日本の文献に初めてかまぼこが登場したのが
1115年なのだそうです。
初期のかまぼこは、ガマの穂にすり身をつけて焼いた
五平もちのような、つまり、いまでいうちくわだったそうです。
「ガマの穂」のような「鉾(ほこ)」のような形、ということで
「かまぼこ」という名前がついたそうです。






posted by しょうこ at 00:00| Comment(0) | お弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

母音脳と子音脳



今朝、
「ムリ〜、のみたい〜」
という息子2歳11カ月。


指さした先にはミロがありました。

MULI(ムリ)
MILO(ミロ)

子音は確かに一緒。


言葉って母音メインで覚えるもんだと思いこんでいましたが、
彼に関しては、子音で覚えている模様。

どうりで、

「かけきこく!」
「たてちとと!」

とか、大まじめに言ってるわけでした。
か行とかた行とかのブレは起きないけれど、
根本的に「あいうえお」ができてないという。

子音メインの脳がなにかに役立つのか、
息子の将来のために調べておかないと。
わたしの想像のつかないような、
クロスオーバーでファンタスティックな脳をしてるのかもしれないし!






posted by しょうこ at 00:00| Comment(6) | 子どものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。